電子書籍 > キルタイムコミュニケーション > ヴァンパイアスレイブ 陵辱の十字架

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

人間とヴァンパイアの血を引く少女、歌織。
闇の力に目覚めながらも、優しい心を失わない少女は、
害をなす妖魔から人々を守ることを使命としていた。
普段はクラスの委員長として過ごす女子校生だが、
学園に邪悪な妖魔ハンターの東郷が現れたことで、その平穏は打ち砕かれる。
歌織の協力者であるシスター・ヘレンを狙う魔手。
ヘビ触手に囚われる巨乳の尼僧は東郷の巨根に貫かれ、
さらに女妖魔のふたなりペニスによる悦楽に溺れていく。
追いつめられた歌織は制服姿で緊縛され、屈辱の中で、
処女を散らしながらの潮吹き絶頂や、
十字架をつかったスパンキングという、マゾ性感を植えつけられることに…。
クラスメイトの前で肢体を晒し、男子生徒を挑発する露出水着授業。
そしてついにはSMチックな妖艶ボンテージ衣装の吸血鬼であることを
暴かれた歌織は、同級生から輪姦刑に処されるのだった。
繰り返される中出し種付けと、大量の白濁汁にまみれながら、
淫乱ヴァンパイア少女は被虐の悦びに溺れていく。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ006513
ファイル名/ファイル容量
BJ006513.zip / 8.7MB (9125250Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「ヴァンパイアスレイブ 陵辱の十字架」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

日光の中マイクロビキニでプールの授業に

2011年12月20日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

ヴァンパイア少女が捕えられ、処女を奪われるばかりかさまざまな責め苦にあう二次元ドリームノベルスです。

主人公のバンパイアヒロインは、一般的に連想される吸血鬼と違い、どこか儚いです。
夜空を駆ける闇の貴族というより病弱な深窓の令嬢というイメージでしょうか。
そんなヒロインが、バンパイアというだけで迫害され、正義側の退魔師に調教されていくのです。

日光に弱い体なのに、見せつけるような露出水着に身を包んでクラスメイトの前でプールの授業を受けるのがお勧めのシーンです。
恥じらいながら乳首とアソコだけを隠したような扇情的な水着に身を包むヒロインと、好奇の目で見つめるクラスメイトが対照的です。
最後は日焼け止めオイルを体中に塗られていき、ついには耐えきれなくなって……

黒のロングヘアーの女の子が責められるのが好きな人にお勧めです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

信じていたシスターや同級生たちに裏切られ、凌辱されるw

2011年01月06日   投稿数 : 8位

このレビューは参考になった×1人

メインヒロインは女子校生の「絹川香織」。自分がヴァンパイアであることを隠して、社会に溶け込んで暮らしています。ただし、「先祖代々のヴァンパイアの一族であった」、「人間とはそもそも別の種族」という存在ではありません。母親が、香織を妊娠中にヴァンパイアに襲われたため、生まれてきた香織がヴァンパイアになってしまった〜という変わった設定です。

 そんな香織を愛し、育ててくれたのがサブヒロインである、シスター「ヘレン・鹿島」。
 香織にとって大切な存在であるヘレン・鹿島が魔物たちに凌辱 → 調教 → 屈服させられ、さらに同級生たちの前で無理やりに正体を暴かれてしまいます。

 魔物たちの、香織を屈服させるための罠はとても巧妙かついやらしいものですw
男子の同級生たちに、「香織が邪悪な存在である」と吹きこみ、さらに「香織を罰するため」、「香織を清めるため」などと【大義名分】を与えて凌辱させます。

 もともと香織に対して憧れを抱いていた男子校生たちが、香織の肉体に群がり、輪姦するシーンには大興奮でしたw

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]