({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2010年02月27日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数253
ジャンル
ファイル容量
7.06MB

作品内容

アストレア王女シリルとフランベルク王女ヒルダ。

ともにその強さ、凛々しさ、
聡明さで世に知られる姫騎士でもある二人は、
戦争を終わらせるために秘密裏に会談を行おうとする。

しかし、それを察知した佞臣の謀略によって囚われてしまう。
淫らな粘液を滲ませる魔獣の触手に嬲られて女体を開発される王女たち。

魔物を妊娠させられ、母乳を噴き出す体質に調教改造され、
人智を越えた快楽が美少女たちに襲いかかる。

さらには下種な民衆たちの輪姦陵辱の餌食とされ、
王女たちは精液ぶっかけの的にされてしまうのだった。

牝穴すべてを犯されて、
二人の女戦士は肉棒奉仕の愛玩人形へと堕ちていく……。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「ダブル姫騎士 隷辱の王室」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 3件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

女王様/お姫様(2) 搾乳(2) 触手(2) 出産(2)
強いのか?弱いのか?

2013年05月01日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

正義の共闘を悪用される。
せこい、せこいですな!
そんな悪役の癖に影が薄い。
そんな気がしたのですよ。

まぁ、触手姦が多いので、
お好きな方はどうぞ。
標準装備で公開凌辱もついております。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!豊富なヒロイン

2011年02月22日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

長く戦乱の中にあったアストレアとフランベルグ。両国の王女、アストレアのシリルとフランベルグのヒルダは、終わらない戦いの影にアストレアの奸臣・宮廷魔術師ジーンの存在を知ります。
両国の争いに隠れて進められていたジーンの策略を砕こうと、アストレアの相談役・ハイエルフのラヴィとフランベルグの女軍師・エミリアを伴って迫ります。
しかしジーンの切り札とも言うべき魔獣を倒したものの、ほとんど相撃ち状態で4人は倒れてしまいます。
ジーンの手に落ちた4人は様々な責めにより淫欲に落されていきます。

清楚ながらも芯の強い戦姫のシリルはジーンの手で処女を奪われ、さらには魔媚薬と魔バイブによりアクメ絶頂を教え込まれる。
男まさりな姫将軍のヒルダは浣腸・排泄を強要され、続いて愛剣の柄で処女を散らされ、さらには股間に疑似ペニスを付けられて射精絶頂を教え込まれる。
ジーンの計略により肉欲に取りつかれた二人は自ら交わってしまい、その映像を国民に晒される。
ロリ体型ハイエルフのラヴィは魔獣復活のため、魔物を産ませ続けられ、グラマー美女軍師のエミリアはその巨乳を搾乳できるよう改造されて魔物に授乳させられる。

メインヒロインはお姫様2人ですが、サブヒロイン2人もしっかりと書き込まれており、責めもバリエーションが豊富で、非常に楽しめる作品です。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!子宮・膣道を擦られる快楽に堕ち、妊娠・出産を繰り返す

2010年06月30日   投稿数 : 10位

このレビューは参考になった×1人

レビュアーが選んだジャンル :

タイトルに『ダブル姫騎士』という言葉が冠されているとおり、聖アストレア王国の王女・シリル姫とフランベルク王国の王女・ヒルダ姫という2人の姫が登場します。
しかし、ヒロインは2人の姫だけではありません。シリルの相談役を務めるハイエルフのラヴィ、ヒルダに忠実な軍師・エミリアも登場。
 ラヴィは100歳を超える長寿の身でありながら、外見は貧乳のロリ系美少女。エミリアは4人の中で随一の巨乳と、対象的な容姿です。

 シリル姫とヒルダ姫は、『戦争を終わらせ、両国に平和をもたらそう』と会談の場を設定します。が、両国間の戦争を陰で操っていた魔導師ジーンに先手を打たれて、2人とも凌辱。シリルはジーンに挿入されて処女喪失、ヒルダは、巨大注射器で浣腸され、そのあと愛用の剣の柄を突っ込まれて処女喪失(いずれもイラストあり)

 物語の終盤で、ラヴィとエミリアは地下室に監禁され、魔物の子を産み育てる日々を送ります。面白いことに、2人とも魔物に孕まされて、子を産むという展開ではありません。 ハイエルフのラヴィは魔物の子を孕むことはできますが、【母乳生産】という観点からは、肉体の相性が悪いようで、その貧乳からはまったく母乳が出ません。そこで、母乳がびゅうびゅうと噴き出るように改良されたエミリアが、『乳母』の役割を担っています。
 ラヴィが産んだ子が元気すぎて、エミリアの乳房から母乳を吸いつくしてしまう描写や、エリミアの母乳の出をよくするために、膣挿入した触手系の魔物がどっぷりと膣内射精する描写にはハァハァでした。
この時点で、ラヴィはすでに数え切れないほど妊娠 → 出産を繰り返し、【出産時の快楽】に溺れていますw 出産する時に、胎児に子宮や膣道を擦りあげられる快楽によがり狂う姿がエロすぎる(膣口を押し広げて、魔物の胎児が顔を出した瞬間のイラストもあり)。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]