電子書籍 > キルタイムコミュニケーション > 奴隷聖徒会長ヒカル2 ~淫魔に占陵された学園~

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2010年02月21日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数259
ジャンル

作品内容

妖魔の陰謀により囚われてしまった聖マリス学園生徒会。
退魔師少女たちへの陵辱は、より苛烈さを増していく。
金髪ツインテールのシスター少女セイラは、淫魔の正体を暴かれて、
ボンテージ姿での浣腸責めの果て、失禁アナルアクメを味わわされる。
巨乳の巫女少女ユキは、緊縛されたままケダモノに犯されるニプルファックに狂い、
母乳を噴き出す搾乳アクメに溺れていくのだった。
そして、妖魔バルムスの巨根ペニスで孕まされてしまったヒカルは、
妖魔の子を育てるために、男たちの精液を中出しされ続けることに。
男子トイレでの乱交じみた売春プレイや、
女装させられた弟・ショウとの近親相姦、
プールサイドでのスク水姿で妊婦腹セックス…。
次第に淫魔へと変貌していくヒカルは、嬉々として弟を逆レイプし、
精液をぶっかけられる公開出産ショーにまで晒されることに…。
淫乱な母性に蝕まれていく少女は、
再び退魔刀を手に取ることはできるのか?

作品情報/動作環境

作品番号
BJ006232
ファイル名/ファイル容量
BJ006232.zip / 8.69MB (9108574Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「奴隷聖徒会長ヒカル2 ~淫魔に占陵された学園~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

おすすめ!笑うに笑えず。

2017年05月26日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

妙に印象的だったのは、人類側が敗れるのが避けられなかったのが必然だと思うことです。人類の存亡を賭けた拠点に、ある意味、魔物より浅ましく穢れているクズ野郎どもがはびこっているからです。キルタイムのノベルズが最盛期の頃なので、出来の良さは折り紙つきの作品です。女体改造や出産が割と当たり前なのもいい。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!魔性の快楽に目覚める美少女たち

2012年12月18日  

このレビューは参考になった×0人

調教され新たな性感に目覚めてしまい、必死に抗うも最後は快楽に溺れてしまう。そんな美少女たちの描写だけで十分に興奮しました。
しかしそれに加えて、この作品には妊娠、魔物化などのテーマも含まれています。
ウイルスに身体を作り替えられ、つのとしっぽを生やした少女たちが絡み合う姿は蠱惑的な美しさで、魔物化好きな自分は非常に満足しました。
変身ものの好きな人は、一度読んで損はないと思います。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!孕ませるだけで終わりじゃない、出産するまでが妊娠

2011年12月20日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

とうとう淫魔の子を見に宿してしまったヒカルが、
その子供を産み落とすまでの続編にして完結編です。

お腹の子が好むものは男の精液。さらに出産費用も稼がないとならないとあって、意に沿わぬまま校内で売春を始める学生たちの会長。
憧れの的であった高嶺の花が落ちてきて、踏まれ、摘ままれるというのはとても興奮しました。


なんといっても今回の見どころは、守りたかった大切な弟との近親相姦、そして実の弟による種付けです。
最大のタブーとして姉弟ともにセックスを嫌がっていたものの、
体の隅々まで責められながら射精を禁じられ、肉体的にギリギリだった所で、「お姉さんは既に妖魔の子を身ごもっている」「しかし、さらに自分の子を孕ませることもできる」と、自尊心と姉への憧憬をくすぐり、ついには孕ませを決意させる堕落への囁き。
そして、開発されて疼く体に耐えきれず、弟の大事な童貞を自分の肉体で奪ってしまい、後悔しながら子供のために精液を欲しがり、ついには弟の子を産む事も決意してしまう姉。

二人の葛藤と堕落がこの巻の見どころです。

孕まされるだけでなく、出産さえもショーとして供される。
責めに際限はなく、その結末はどこへ向かうのか。
中出し・孕ませに続いて出産までもが好きな方にお勧めです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

カチンコチン

2011年04月25日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×1人

レビュアーが選んだジャンル :

終わり方は、ノベルである以上ひとつに
成ってしまうのですが、どうなのでしょう?

思いがけなく、ご都合主義が暴走している!
と書きたくなるのですが、随所に、キュンと
来る描写があります。

ただ攻める。とか、溺れさせるのではない。
ちゃんと意識付けされた、調教と、おぼろげな世界。

物語のひとつの派生として楽しんでみてはいかがでしょうか?

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!妖魔に孕まされた退魔少女の出産劇

2011年03月28日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

前巻で妖魔に処女を奪われた退魔少女三人。
淫魔ウイルスを感染させられたシスター少女は聖水浣腸の苦しみに悶絶させられ、母乳が噴き出す体にされた巫女少女は、自らの乳をシスター少女の浣腸に使われます。ついには巫女少女まで淫魔ウイルスに感染させられてしまいます。
一方、退魔剣士少女のヒカルは既に妖魔の仔を身籠らされ、その成長に必要な人間の精液を与えるために学園内で売春に従事させられます。
心はまだ妖魔との戦いを諦めていないヒカルでしたが、胎内に宿った妖魔の仔への母性愛が枷となり、さらには新たに実の弟の子まで孕まされてしまう背徳感と葛藤が繰り広げられます。
ついには仲間であった巫女少女とシスター少女が責め手に回り、全校生徒が見守る中、実の弟との近親相姦ショウと公開出産を迎えさせられるジェットコースターのような転落ストーリーです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!望まぬ妊娠。辱められ、さらし者にされ、ボテ腹SEXを強制w

2010年03月26日   投稿数 : 8位

このレビューは参考になった×2人

メインヒロインは泉ヒカルですが、サブヒロインであるセイラ・神居、綾辻サキが調教され、堕ちていく描写もしっかり描かれています。

 ヒカルが妖魔の子を孕まされ、自分の子宮に息づいている「新しい命(しかも妖魔の胎児)」の存在に怯え、とまどう描写が丁寧に描かれています。ヒカルにとって妖魔の胎児を孕まされたことは、『退魔師』としても屈辱であり、同時に『両親を妖魔に殺された娘』としても無念なことであり、そして『女の子』としても恐怖・絶望しか感じられません。
 
 しかし妖魔たちは、ヒカルを妊娠させるだけでは満足せず、さらにその状態で弄び、辱めるようなシチュを次々に考案します。「お腹の子の出産費用を稼ぐため」という名目でヒカルに売春を強制。男子学生だけでなく、男性教師までがヒカルを犯します。しかも、ヒカルのことを「淫売」「淫乱」とさげすみ、辱めつつw

 また、妖魔の子を孕んですでにお腹が(わずかとはいえ)ぽっこり膨らんだ状態で、さらに実弟のショウとSEXを強制し、孕ませます。「すでに妊娠していても、さらに妊娠できる肉体」に改造されているからです。実姉が妖魔に孕まされたことを知ったショウに、琴音が「お姉さんを取り戻したいのね」と悪魔のささやきをして、近親相姦孕ませに駆り立てるシーンにニヤリとさせられました。

 また、プールサイドで、妖魔(外見的には、学園生徒の黒沼)にボテ腹SEXを強制され、それを目撃する学園の生徒たちが口々に罵ったり、軽蔑のまなざしを送ったり、あるいは卑猥なはしゃぎ声をあげる描写にもハァハァでした。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]