({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2010年02月27日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数161
ジャンル
ファイル容量
55.73MB

作品内容

今でもファンの間で伝説的に語り継がれる、「黒帯」を含む5本
(他に「姉妹」「穴姉妹」「家族の肖像」「もぐら」)を収録したのが、本書。

05年に初版が刊行されてるが、「家族の〜」にはバブル崩壊後の、
展望なき格差社会下の家族の荒廃がこれでもかとばかりに描写されており、
一読後も忘れたいのに忘れられない地獄味が。

「黒帯」は、男勝りの空手少女が、凌辱の限りを尽くされる人気シリーズ。
現在「コミックMate」連載中の「その疵から滴るもの」の原点かも。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「少女対組織暴力」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

エロい。

2018年08月07日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

今まで読んだファンタジーではない陵辱物の中で一番と言っても過言ではない陵辱感だった。少女が監禁されて調教されてみだらな表情を見せるのが非常に良い。このやや現実よりの描写でここまでやってくれるのはこちらとしてはとてもありがたいものだ。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!鬼畜漫画の大家

2018年05月01日   投稿数 : 7位

このレビューは参考になった×0人

救いは無いでした
流石は鬼畜王の呼び名は伊達ではありません
ヒロインたちは凄まじいまでの暴力の前に徹底的に凌辱され希望は打ち砕かれ絶望に沈み一欠けらの救いの全くない無明の闇がそこにはありました
正直この本は超ヤバイ作品集でした

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

バッドエンドを描かせたら・・・

2013年02月06日  

このレビューは参考になった×1人

レビュアーが選んだジャンル :

バッドエンドを描かせたらこの人の右に出るものはいないでしょう
終わりのない陵辱と調教の果てに少女たちに訪れるのは絶望であって
希望なんてものはありません
そういうのが好きな方には自信をもっておススメします

今作は親娘が犯されるシチュエーションが多くて
個人的にはそこがよかったです

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!意外と・・・

2012年09月02日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×1人

レビュアーが選んだジャンル :

作品は相変わらずのオイスターさん節がいたるところに炸裂して救いはない内容になってます。
ですが、読み手の印象としては完成されたエロであり、精神的なダメージ(鬱)とは無縁な印象を受けました。

個人的には「黒帯」がお気に入りで家族のその後が知りたいです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!救いがなくても良い人向け

2012年06月15日  

このレビューは参考になった×1人

レビュアーが選んだジャンル :

タイトル通り、救いがなくても大丈夫だったらぜひ読むべき。
オイスターさんの話は今回初購入でしたが、納得でした。
ページ数と値段を考えると安すぎた感じすらしますね。
陵辱ものとしては全編納得です。

最近のいちゃらぶ系に飽きた方は是非読んでみてください。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!"陵辱の帝王"の名は伊達じゃない

2011年07月14日  

このレビューは参考になった×1人

オイスター中期の傑作!タイトル通り、空手少女が犯罪組織に酷い目にあわされる「黒帯」シリーズがメインです。
とにかく描写が徹底してるのがこの作家の特徴で、そこらの作品のような中途半端さは皆無、救いの一切ない突き抜けた展開は強烈の一言です。
精神を抉るような言葉責めから、恥辱の浣腸まで、嬲り尽すような展開も圧巻。
多少人は選ぶかもしれませんが、お勧めです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]