電子書籍 > キルタイムコミュニケーション > わーるどいずまいん2

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

時は性暦3012年。混迷する世界で繰り広げられる
メイド戦士 VS 触手執事のバトルは、やがて世界の命運を
かけたアキハバラ VS イケブクロの戦いへと発展していく——。
歪んだテクノロジーと未知の力が少女たちを襲う!
輪姦ぶっかけ、触手全穴責め、肉体改造、乳姦、腹ボテ、
洗脳、若返り、急成長、強制ふたなり百合レズ責めとなんでもありの
大人気sf淫辱劇第2巻! 迫力のカラー漫画も必見!

■収録作品
『カラープロローグ』
『#5 忍び寄る影! 必殺触手スパイラル!』
『#6 maid in Heaven』
『#7 魔導師ブルーライスチャイルド!!』
『#8 嗚呼、悲運のちゃんぽん娘!』
『#9 決戦アキハバラ!!』
『#10 Defeat』
『#11 発動、スペルムーン!!』
『#最終話 そして伝説へ…』
『#あなざーえぴそーど I 』
『#あなざーえぴそーど II』

作品情報/動作環境

作品番号
BJ005884
ファイル名/ファイル容量
BJ005884.zip / 72.4MB (75917086Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「わーるどいずまいん2」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

巨乳/爆乳(2) 中出し(2)

おすすめ!マニアック凌辱ここに爆誕!?

2013年03月10日   投稿数 : 3位

このレビューは参考になった×0人

ブルーライスチャイルドの続編らしく、かのキャラクターも今作品で出てきますよ!
ありとあらゆる凌辱劇に大興奮のこの作品!キャラクターたちがHに結構順応しているせいか、絵柄や描写の問題かとてもエロいがあまり悲惨な感じではありません(褒め言葉です!主観ですが・・・)
マニアックプレイ大好きですという人におススメです!

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!小さくても大きくてもムチムチ

2010年02月01日  

このレビューは参考になった×2人

レビュアーが選んだジャンル :

怪盗少女の子孫の登場や、放浪少女の記憶の復活。
彼女たちがやり残した最後の大仕事など、前作との繋がりがより前面に出されていました。
回想話ではありますが、同作の主人公だった怪盗少女も登場。 当然の如く濡れ場も用意されています。
『あなざー』はどちらも『わーるどいずまいん』の外伝エピソードが描かれていました。

今回は前巻になかった要素として、触手執事による触手プレイが追加。
小さかろうが大きかろうがムチムチしていることには変わらないボディに張り付き、手足を拘束。
膣・尻・口・乳・尿・宮と、穴という穴を掻き乱す責めを披露していました。
もちろん、ふたなりレズ・多人数プレイ・肉体変化といった前巻でも馴染みのあるプレイも収録されています。

前巻を楽しめた方や、ムチムチボディ好きな方にお勧めします。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]