電子書籍 > キルタイムコミュニケーション > 催眠淫辱捜査官 堕ちる姉妹

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2009年09月06日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数258
ジャンル

作品内容

売春組織『インキュヴァス』を追う公安庁捜査官・鏡遙火は、
組織が次に娼婦の獲得を狙う活動先が妹・夏火の通う学園であることを知り、
女教師として潜入する。
生徒会長でもある夏火の強力を得て、深夜の学校で売春現場を押さえる2人。
しかしそこには組織に属する鬼畜教師・塚本に加え夏火の友人・カルマの姿があった。
意識を失い、互いに犯される様子を目の当たりにする姉妹。そして催眠調教の開始。
陵辱の記憶を消された2人は、再び組織に立ち向かい、再び犯される。
不良へのフェラチオ、顔射で精液を受けてのアクメ、生徒会室での強制浣腸、
部下への騎乗奉仕、ステージでの環視オナニー……そしてセックス中出し。
どんな恥辱も記憶から消され、肉体だけが素直にその味を覚えて変態へと変えられていく。
熱っぽさに苛まれる2人に、公開の場で晒されるこれまでの痴態。
羞恥に侵された姉妹は、堕ちてゆく——。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ004229
ファイル名/ファイル容量
BJ004229.zip / 4.32MB (4525751Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「催眠淫辱捜査官 堕ちる姉妹」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

トンネルお抜けると

2010年01月13日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

催眠状態のままで、調教されてゆく。
催眠誘導に、後催眠。記憶が、ところどころ、トンネルの中のように、
闇に埋もれているはずなのに気がつかない。

なんにいっても、催眠も、調教も、一日にして成らず。
時間の割り方や、見せ方に、この作品の幻想的な部分があると思う。

従順に躾けられてゆく様を、行間からも読み取れれば、
あなたも、催眠にかかっているのでしょう。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]