電子書籍 > 海王社 > ガールズファイト

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2009年09月05日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数84
ジャンル

作品内容

女子総合格闘技「Jeanne」のエース・泉アリサに、ある日謎の格闘技団体から参戦オファーが届く。
自らの団体解体への危機感から参戦を承諾したアリサだったが、対戦相手はなんと「男」だった!!
緒戦を優位に攻めるものの、男の胸と性器への執拗な責めを前に戸惑うアリサ…。
熱狂する観客を前に、屈辱的な攻撃と込み上げる快感が、その肢体を蝕んでいき……。
強く、気高く、美しい女格闘家が、男の屈強な力と屈辱的な責めに堕ちていく!


マガジンサイベリアで大反響を巻き起こした衝撃連載が、ついに総集編で登場!
 「インディーズの帝王」クリムゾンが放つ究極のセクシーバトルをとくと堪能せよ!

■収録作品■
【第1話】女格闘家のプライド
【第2話】女格闘家の陥落
【第3話】女格闘家の敗北

作品情報/動作環境

作品番号
BJ004224
ファイル名/ファイル容量
BJ004224.zip / 22.63MB (23729950Byte)
注意事項
※こちらの作品は見開き表示固定の作品になります。
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

ガールズファイトの関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「ガールズファイト」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

強制/無理矢理(2)

エロかった

2011年08月16日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

ガールズファイトシリーズが全部がまとまっているのでお得感があってとても良かったです。
強い女がもっと強い男に陵辱されるというお話です。
何回も負けてるのにそれでも勝とうとしているのになぜか心では負けると分かっていて戦いに挑んでいる様子が良かったです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!最強女格闘家がリングの上で女としてKOされる!

2011年07月28日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

並みの男など太刀打ちできない最強女格闘家が罠に嵌められ、リングの上で公開凌辱に晒されるストーリーです。
この手の作品の場合、ヒロインが強ければ強いほど堕ちたときのギャップも大きくなるというものですが、最初の数ページで立ち技における相手の男との力量差を描いているのがなかなか上手いところです。
しかし寝技に持ち込まれると相手の淫技が炸裂、コスチュームの裏地に媚薬を塗り込められていたため、時間経過とともに発情してゆくも、その罠に気付くことなく、このハンデも含めて相手を倒そうというヒロインの意地が、逆に泥沼に嵌ってゆくのが良い感じです。
寝技の名を借りて最初はさりげなく、次第に大胆になる男の淫技に手も足も出せずに堕ちてゆく格闘女王の姿には興奮させられます。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]