({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2009年06月14日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数257
ジャンル
ファイル容量
6.93MB

作品内容

たった一人で数千の兵に匹敵する力を持つ——契約の騎士。
ギアガード国の姫であるアゼリアと契約し、攻め入るガレリア軍を討つために
剣を振るうルリアは、拉致された宰相を救出すべく敵地へと潜入する。
娼婦を装い、フェラチオ奉仕を続けながら拘束現場を聞き出すルリアだったが、
そこで見たのは宰相が敵将と結託する影。

拘束されたルリアに敵将・バルザークは、自らの契約の騎士となることを迫る。
しかし抵抗する女戦士は処女を散らされ、かつての民衆の前での精液浣腸を晒される。
さらに自分を救出に来た騎士仲間達からも輪姦を処され、肉体は羞恥に蝕まれ穢れゆく。
それでも姫との誓いを胸に何度も屈従を拒絶するルリアの瞳に映ったのは

契約者・アゼリア本人の姿。淫欲と忠義とがせめぎあい
——契約の騎士は醜き決断を下す。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「隷辱の騎士ルリア 堕悦の盟約」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

途中までは…

2012年05月02日  

このレビューは参考になった×0人

途中までは最高に良かった!堕ちてからはもっともっと描写の幅の広さがあったと思えるのが少し残念です。いけなくなっていきたくていきたくて仕方がなくなる描写などは最高に良かったです!続編が出るような終わり方ではないですが、続編に期待したい話でした!

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]