電子書籍 > キルタイムコミュニケーション > 少女怪盗ナイトフェアリー 淫獄の奇術師

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2009年06月08日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数258
ジャンル

作品内容

溢れんばかりの巨乳に真紅のレオタードを纏って夜空を舞う
怪盗ナイトフェアリーこと久遠寺鈴音。

マジシャンとして市民にささやかな楽しみを提供する傍ら、
私腹を肥やす富豪から宝物を盗む義賊の少女は、
盗み出した宝石に絡んで殺人犯の疑いをかけられてしまう。
誤解を解くため真犯人である組織の飛行船に仲間とともに乗り込むが、
罠から友を逃がすために捕らわれてしまうのだった。

スライム生物に絡みつかれてゲル浣腸をされつつ
ぬめる触手をアナルに挿入されて、淫欲に蕩かされる鈴音。
さらに、自分に恨みを持つ悪徳富豪たちの前で人狼との肛交ショーを披露させられた少女は、
男根に囲まれた檻に入れられ、フェラ、パイズリを強要されながら
脱出か服従かを迫られる。

理性と薄生地を白濁に穢された少女怪盗は、仲間を思いつつも、
輪姦によって得られる目先の悦楽に溺れてゆくのだった。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ003877
ファイル名/ファイル容量
BJ003877.zip / 7MB (7335153Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「少女怪盗ナイトフェアリー 淫獄の奇術師 」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

複数プレイ/乱交(2) 獣姦(2)

おすすめ!快楽に堕ちる少女怪盗

2013年02月13日  

このレビューは参考になった×0人

三人の美少女怪盗が敵の罠にかかり、調教され堕ちていくのが見どころな本作品。しかし三人も表紙に映っているがメインとなるのはリーダー格の鈴音のみといっても過言ではありません。
 実際ガンマン風な女の子には一切濡れ場がなく、チャイナ風の彼女も申し訳程度です。この二人目当てなら残念ながら評価は低くなるでしょう。
 しかし鈴音に関してはそんなことは一切なく、媚薬によって快楽に抗えない状態での様々な調教にはとても興奮します。挿絵も上手く、彼女が徐々に快楽に堕ちていく様を的確に表現しています。
 気高き心を持つ怪盗少女が敵の手に堕ちていく淫らなショーをぜひご鑑賞ください。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

序曲?

2010年03月01日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×1人

レビュアーが選んだジャンル :

人体実験が根本にあるお話です。

登場するキャラクターがすべてヒロインに
成れる訳ではない厳しい現実があります。
詳細は読んでのお楽しみとしていただきたいのですが、

敵の特徴ある個性ににトリックやギミック、
狡猾さが溢れんばかりに書き込まれています。

マジックショウさながらの知恵比べなどいかがでしょうか。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]