電子書籍 > キリブックス > 桃色少女液

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2009年06月22日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数162
ジャンル

作品内容

「気付いてたわ、まえからずっとおまえが覗いてたのはね」「か…継母さん」

自分の夫を寝取った女の息子・聖をしかたなく引き取って家に住ませている継母は、
見知らぬ男とのセックスを覗かれ、聖に問いつめる。
「ご、ごめんなさん!」謝る聖に「叱られてるのにどこ膨らませてるの、やらしい子!!」と
股間をハイヒールで弄くりながら、いたぶる継母。
「もう限界です! お継母さん!」継母の足を掴み、舌で舐め回し始める聖。
「いやっ離して、聖」必死に抵抗しながらも、継母は衣服を剥ぎ取られて真っ裸にされてしまう。

「あなたが好きなんです、お願いです。どうかぼくを受け入れてッ」
聖は継母をマングリ返しにすると、露わになったヴァギナに指をこじ開け、クリトリスを激しく口で愛撫する。
「あっ、だめよ…だめ」抵抗しながらも身を震わせて、女の甘い喘ぎを漏らしてしまう継母。
歯止めのきかなくなった聖は、継母の豊満なおっぱいの先のツンと尖った乳首を揉みながら、
充分に淫汁で濡れきった継母のヴァギナへ勃起したチ○ポをバックから突き刺したのだった……
『エピカステ』

人気作家MANA-KOが激しく描く、淫ら女や少女の変態的ハードエロス!!

作品情報/動作環境

作品番号
BJ003796
ファイル名/ファイル容量
BJ003796.zip / 57.24MB (60015352Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「桃色少女液」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件