電子書籍 > キリブックス > 人妻強制発情飼育

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2009年06月21日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数163
ジャンル

作品内容

自宅のビデオデッキを壊してしまい、慌てながら近所の電気屋を呼んだ人妻。
修理が終わり、ビデオの中身を確認してみると、そこには夫と女子大生との激しいセックスが映っていた……

その場に居た電気屋に事実をしられ、とり乱す人妻。
「黙っててやるから一発やらせな!」そんな人妻を脅し、衣服を脱がしながら襲いかかる電気屋。
「あっ、あん……本当にこれで他言しないと約束してくれるのですね」
豊満に揺れる乳房を電気屋に揉まれながら、ついに人妻は要求を呑んでしまう。

まず電気屋はニヤリ笑いながらすでに勃起したペニスを、人妻に強制的にフェラチオをさせ、
喉の奥の方まで擦りつけそのままザーメンを人妻に飲ませる。
むせかえる人妻などお構いなく、無理矢理に四つん這いさせると、
今度はパンストを破り、下着をむしり取って、クリトリスと肉壁を剥きだしにする。
「あん、だめっいや、恥ずかしい! そんなに拡げないで下さい!」
抵抗する人妻のヴァギナをヌチャヌチャと舌で堪能した後、
剥き出しにしたクリトリスを弄くりながら、強引にヴァギナへと太いペニスを挿入した。

騎乗位、バック、正常位でさんざんに犯したあげく、電気屋は膣の奥にザーメンを放出する。
途方に暮れながらも「これで終わった」と安心する人妻だったが、
こんなもので電気屋の凌辱的なレイプが終わるはずが無かった……。

人気作家スノーベリが渾身を込めて描いた人妻の凌辱的飼育プレイ!
超過激羞恥凌辱が全編通じて味わえる濃厚な一冊!!

作品情報/動作環境

作品番号
BJ003792
ファイル名/ファイル容量
BJ003792.zip / 54.77MB (57425971Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「人妻強制発情飼育」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件