電子書籍 > キリブックス > インモラルな放課後

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2009年06月05日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数183
ジャンル

作品内容

解説/少女は小さな駅のはじに立っていた。
恥ずかしさを堪えながら、通り過ぎる急行電車の方へ、徐にコートを開き自分の全裸を見てもらうのだった……。

 詐欺に引っかかり、少女は借りたお金の返済の為にテレフォンSEXのバイトを始めた。
「Hが大好きなんだって?」「いつもパンティかわいたことないんだって?」
かかってきた電話の男の声に少しずつ興奮してきてしまう少女。
だんだんその気になってきてしまい、相手の声に指図されるまま、下着を脱いでクリトリスを摘むように弄くる。
「あっ、んあぁ!」そして大きな喘ぎを漏らしながら、身体の仰け反らせて少女はそのままアクメに達してしまう。

 その後日、少女の自宅へ太いバイブと携帯電話が送られてきた。
鳴り出す携帯に出てみると、この前のテレフォンSEXした男の声である。
「バイブ使ってよ……」
徐々に要求が酷ってゆく電話の男の声に、少女はあの感じたアクメの快感が忘れられず、
応じてバイブをマ○コへと挿入してしまう……。
『テレフォンスレイブ』

 インモラルな官能の世界とセックスに悶える少女達の姿を吉野志穂が過激に描く!!

作品情報/動作環境

作品番号
BJ003780
ファイル名/ファイル容量
BJ003780.zip / 33.98MB (35634978Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「インモラルな放課後」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件