電子書籍 > キルタイムコミュニケーション > カグヤ 女侍斬魔録

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2009年05月25日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数255
ジャンル

作品内容

鋼の如き精神力と類まれな剣技で、魑魅魍魎から民衆を守る女剣士カグヤ。
彼女は一年の修行を経て城下に戻ってきたが、そこで重臣として城に潜んでいた
妖魔ナギと出会う。ある晩、カグヤはナギの罠にはまり、
胎内に妖魔蟲を寄生させられてしまう。

ナギに立ち向かうカグヤだったが、ともに妖魔退治に務める巨乳のくノ一・才音までも
人質に取られ、肉体の疼きに耐えられなくなり、徐々に快楽の扉を開けていく。
剣術道場の教え子の前では、浪人たちの剣で肉体を嬲られる屈辱的な試合を披露し、
また父親代わりの武士には遊郭の女に間違われ奉仕を強要されてしまう。

堕落と羞恥に満たされてゆく女剣豪は、ついに民衆の見ている前で剣を捨て、
牝本能の赴くままおもらし絶頂という破廉恥極まりない行動に出る。
膣とアナルを蹂躙する輪姦にヨがるカグヤ、爆乳を使ったパイズリフェラで男を
悦ばす才音。ついには自ら妖魔の母となり、身体中を触手に弄ばれながら母乳を
噴き出してイキ狂うカグヤは、淫欲の闇に堕ちていくのだった。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ003776
ファイル名/ファイル容量
BJ003776.zip / 7.38MB (7734292Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「カグヤ 女侍斬魔録」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

出産(2) 触手(2)

蟲に開発される女剣士

2014年10月18日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

異種姦と露出プレイが多め
寄生した蟲に体内を開発され、ところ構わず感じさせられるヒロインの痴態が良かった

特に、彼女を慕う弟子の前で無頼の男に嬲られるシーンがお気に入り
無頼の道場破りとの戦い、普通にやればヒロインが勝つ
しかしヒロインは蟲に寄生され、試合中にも関わらず快楽に負けてしまう、そのせいで格下に負け、弟子たちの前で陵辱される
実に王道の展開ですが、王道だけあって女剣士といえばやっぱりこれですよ

最後は助けたかった親友ともども……

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

無垢の無知

2010年01月14日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

精一杯という気持ちが、災いするという話。

驚くことに、レズったり、弄られたりの状況で、
淫乱な体が出来上がってしまいます。
といっても紹介の寄生蟲の効果が大きいのですが。

それより何より、文章の合間に描かれている、
葛藤と、愛撫への渇望が、オリジナリティだと思います。

どちらかというと、痴態を見たい方にお勧めです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]