電子書籍 > キルタイムコミュニケーション > 鬼巫女桜樺 邪宴の贄巫女

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2009年05月19日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数257
ジャンル

作品内容

妖魔を討つ退魔巫女・桜樺は、母を死に至らしめた大妖・銀鬼を倒すため、
妖魔の巣窟へ乗り込んだ。襲いかかる魔物の群を前に、桜樺は力を解放する。

白銀の髪そして赤き瞳に変貌する彼女こそ、銀鬼に弄ばれた巫女が産んだ娘——鬼巫女だったのだ。
忌まわしき血に復讐を誓う桜樺の刃が銀鬼を捉える。
だが、その身に流れる血の目覚めが、巫女を淫獄へと導くのだった……。

力の暴走に悶える桜樺のアナルを貫く蚊妖魔の口吻。そして、父である銀鬼との
近親相姦に処女華を散らされた巫女は、銀鬼との婚姻の宴に捧げられることに。

女妖魔から女体の快感を教え込まされ、巫女の足袋で父の男根への足コキ奉仕を
強いられる桜樺。そして妖魔たちの環視の中、憎むべき父の男根が鬼巫女に
女の悦びを教え込んでいく。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ003763
ファイル名/ファイル容量
BJ003763.zip / 4.39MB (4607058Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「鬼巫女桜樺 邪宴の贄巫女」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件