電子書籍 > キルタイムコミュニケーション > 魔の紅玉ローズマリー > 魔の紅玉ローズマリー 呪縛の花嫁

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2009年05月18日
シリーズ名魔の紅玉ローズマリー
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数256
ジャンル

作品内容

強大な力を持つ紅眼の女吸血鬼ローズマリー。
彼女は、あるとき命を狙い襲ってきた少年クオンを捕らえ、自らの下僕とする。
初な少年への逆レイプと、言葉責めを絡めた手コキで精を搾り上げながら、
次第に「人」とのふれあいに対して愛情を抱くようになるマリー。

そんななか、無差別に人を襲う敵一派ベイリアとその妹イメルダの攻撃を受け、
特殊なローションで母乳が噴き出る肉体にさせられてしまう。
エネルギーを奪われると大人から少女の身体に変貌してしまうマリーは、
反撃できないまま屈辱の奴隷調教を受けさせられることに。

愛するクオンの目の前で、マリーはボンテージ衣装の大人姿、
ワンピース衣装の少女姿、その両方の体型で輪姦、触手陵辱、レズ責め
さらに肥大化した乳房から母乳をあふれさせながら、
白濁まみれにされてしまうのだった……。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ003762
ファイル名/ファイル容量
BJ003762.zip / 6.75MB (7082320Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「魔の紅玉ローズマリー 呪縛の花嫁」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件