電子書籍 > キルタイムコミュニケーション > セラフィックナースエリカ

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

謎の病「デモナ病」。人を肉欲の怪物に変貌させるウィルスに怯える人々の希望は、
セラフィックナースエリカ——汚れなきの白衣に身を包み、ハートの弓矢で怪物を
「治療」する謎のナース——のみ。

その正体は、熱い奉仕の心を内に秘めたヘルメス学園の生徒会長、鷺沢江梨香だった。
普段は生徒たちの尊敬を集める彼女。だが、デモナ病治療施設を管理する医師が少女の
正体に気づく。実は怪物の姿を隠した彼らこそ、ウィルスの発生源だったのだ。

分娩台に拘束され、性器観察される少女ナース。さらに江梨香は生徒会長として、
全校生徒の前でウィルス検診と称したオナニー&手コキの精液採取を強制されることに……。
未知の火照りに戸惑う少女。やがてセラフィックナースの正体をさらけ出す江梨香を、
猛る牡の汚濁が染めていく……。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ003754
ファイル名/ファイル容量
BJ003754.zip / 4.73MB (4956513Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「セラフィックナースエリカ」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 3件

おすすめ!変身ナースVS女医たち

2010年06月21日  

このレビューは参考になった×0人

とにかくエロい。
エロすぎます。

変身ヒロインを敵の女医や医者が責め抜いたり、男たちの精液集めにめちゃくちゃにされたり、媚薬によって堕とされたりなどなど。
ニプル責めの内容も多く、おっぱいスキーとしては大満足。
そして何より内容そのものの濃さに大満足の作品でした!

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

黒い巨塔

2010年01月25日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

潜りのナースが主人公?

この物語には、ある意味で、現実に起こりうる。
または、現実に起こっていた。そんな社会環境を
ベースに築かれています。

難しい話は抜きにすると、献身的な主人公が持ている
価値観や、考え方が、不合理な状況で、独特の行動を
示します。

単純にエロ医療ごっこをしている光景を見れます。
いじりの好きな方どうぞ。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

愛と正義のナースさん、超奮闘。

2009年08月06日  

このレビューは参考になった×2人

「変身ヒロインを可愛がる」でお馴染みの黒井弘騎先生の作品。
いわゆる黒井節が存分に発揮されているので、苦手な人は注意が必要です。

確かに陵辱されているし必死に抵抗してはいるのですが、どちらかと言うと
状況に流されているといった印象が強いように感じました。ナース戦士という
ことですから、奉仕する様な描写が多くなるのは仕方ないのかもしれません。

それでも、意志の強さを臭わせる描写は頻繁に出てきます。好きな人や
目標としている人、感染者に対する想いなどは非常に強いものですし、
その意志の力がそのままヒロインの戦闘力に繋がっていたりもします。

ヒロインはこの想いに反して白衣姿で陵辱されちゃったりするわけですが
それに関する葛藤がイマイチ弱いように感じられました。前記した流されている
印象というのは、多分この辺りからきているのではないでしょうか。

こういったヒロインの心の強さみたいなのは、この手の作品において
非常に重要な要素だなと再認識させられました。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]