({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}

作品内容

単行本に際して書き下ろされた短編も含め、過激な陵辱描写が満載の9作品を収録!!
現実世界、ファンタジーもの問わず、いろんな作品でお楽しみ頂けます!

前巻『愛玩マゾヒスト』も好評の実力派作者の単行本第2弾!!

<収録作品>
『傀儡の巫女』
淫らな催眠術をかけられた清廉な巫女。淫らな笑みを浮かべ、男の精を求めまくる!

『恥辱の罠』
触手の怪物に襲われた女剣士。中出し、アナル調教など過酷な陵辱が彼女を待ち受ける!

『セイントビッチ』
憧れの先生を悪魔に憑依された高慢なシスター。
憧れの先生の身体に犯され、高貴な顔が淫らに歪んでいく——。

『白濁剣士 七緒』
不良にレイプされるセーラー服のお堅い風紀委員長。
精液をぶっかけられ、全身白濁まみれで悶える!

『服従ブレイン〜淫堕の秘書捜査官〜』
調教され、牝へと堕ちるスーツ姿のメガネ女秘書。
パイズリ、フェラチオなどを強制され、身体の疼きはおさまることはない——。

『生贄皇女エーテル』
民を護るため、触手のバケモノの餌食にされた心優しいお姫様。
過酷な責めの果てに、母乳を出しながら魔物の仔を妊娠してしまう!

『シスターライフ』
小さな頃からの憧れだった、巨乳で優しくキレイなお姉さんたち。
久しぶりに帰った家で、エッチに迫られて——!?

『いいなりコンプレックス』
小さい頃からずっと一緒のくノ一少女。幼なじみとのあま〜い初エッチ!!

『淫辱剣士 七緒』
『白濁剣士 七緒』のその後を描く描き下ろし短編!! いじられめっ子とのキケンな関係!?

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「ヒロイック・マニア」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

妊娠/孕ませ(2) 輪姦(2)
ガチガチガチガチガチ! くらいガチ。

2010年12月27日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

巨乳スキーなら、これは、もうガチでクる作品だと思いました。
全編、このクオリティは凄い。
凌辱系の汁だくで、人物描写、エロシーンの描写力が素晴らしい。

全編一話完結で構成されており、基本的に20ページ、一話のボリュームで
話が構成されています。

衣装はもちろん、ヒロインの性格も様々に取り揃えており、
和姦も2編あり、バリエーションが豊富。
口、二穴責め、三穴責めが多いのも良し。

体験版見て、絵柄、シチュ、ヒロインの容貌が気に入った方は
自分を信じていいと思う。

巨乳好きな人間が喜ぶための本だと思います。

自分的にこれは実に大ヒット。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!ヒロインたちを返り討ち

2009年05月29日  

このレビューは参考になった×2人

前作「愛玩マゾヒトスト」もよかったが、本作もよかった。
収録されている短編は9本。そのうちの7本が陵辱系で、しかも救いのないバッドエンドばかり(陵辱系の作品のなかでバッドエンドじゃないのは1本だけ)。
和装にゴスロリにセーラー服にタイトスカート……と、ヒロインたちの衣装は多彩。もちろん、完全に脱がされたりはしないので、コスチューム好き半裸好きの人は満足できるはず。
洗脳というか催眠によって体を操られるというシチュエーションの作品が2本あるので、洗脳好きの人にもお勧め。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]