電子書籍 > キルタイムコミュニケーション > 退魔拳士キリカ 魔女の淫宴を叩け

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2009年04月22日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数252
ジャンル

作品内容

魅惑的な肢体をレザースーツで覆う東真キリカは、
呪符を貼った場所に直接拳を打ち込むことで魔を祓う砕魔拳の使い手。
キリカが助手の守彦を連れて訪れた別荘に現れたのは、謎の魔女集団「媚融魔座」。
淫らな肉体を駆使し精を搾り取る魔女集団は執拗に守彦を狙い、
キリカは戦っている間に彼を連れ去られてしまう。
守彦を救い出そうと彼女が対峙する相手は媚融魔座のリーダー・メディア。

しかし隙を突かれたキリカは、魔物の封じられた淫術呪符を
身体に貼り付けられることで強制欲情させられてしまう。
次々と現れる魔物によって全性感帯を嬲り尽くされるキリカ。
彼女の目には発情しきった守彦の姿が。
肉悦と白濁に溺れ、快楽漬けとなった美しき退魔拳士に反撃のチャンスはあるのか——。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ003640
ファイル名/ファイル容量
BJ003640.zip / 3.96MB (4150202Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「退魔拳士キリカ 魔女の淫宴を叩け」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

けなげ

2010年01月25日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×1人

レビュアーが選んだジャンル :

表面上は女性達が、暴れまわっています。
しかし、実のところ、大まかな流れを突き
詰めると、男性主導の物語なのかもしれません。

話し筋がわかりやすいので、あえて、抽象的な
表現でしか書かないように勤めます。
序盤は激しく、中盤はねちっこく。終盤は濃厚に、
その流れが意外に読みやすいようです。


登場人物の、犯される男性の視点から読んでゆくと、
珍しい?聖者ハーレム状態をご覧いただけらでしょう。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]