電子書籍 > キルタイムコミュニケーション > 囮捜査班 御堂レイカ 痴漢鉄道の亡霊

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2009年03月30日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数169
ジャンル

作品内容

都市計画の一環として作られた新鉄道、曙線。殺人的な乗車率のこの路線は、
奇妙な手口で凌虐の限りを尽くす痴漢集団『千手観音』の根城となっていた。

解決依頼を受けた囮捜査の専門家、御堂レイカは、捜査の過程で「千手観音には幽霊が
いる」と忠告してくる不思議な少女と出会が彼女の心配をよそに、レイカは様々な
コスチュームで敵を誘き出そうとする。

むっちりした美尻を揉みしだかれ、豊満な巨乳を服の上から舐め回される女捜査官。
ライダースーツやセーラー服を纏ったはちきれんばかりの肉体は、無数の手指の餌食となり、
好色な男性客たちの前で露出されて調教、さらには浣腸されたアナルからの
恥辱失禁まで強いられてしまう。

羞恥に耐えようとするレイカだが、露出された痴態は男たちを輪姦に駆り立て、牡の欲望を中出しされていく……。
片道五十分の淫夢は、止まることなく疾走を続けるのだった。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ003601
ファイル名/ファイル容量
BJ003601.zip / 7.53MB (7896985Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「囮捜査班 御堂レイカ 痴漢鉄道の亡霊」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 3件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

着衣(2) おっぱい(2)

おすすめ!幽霊痴漢VS強い美女

2011年08月05日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

強い美女が囮捜査員として幽霊痴漢たちと戦います。
ただ、幾ら強くても主人公のレイカは普通の人間。
幽霊の不可思議な力を目の当たりにしても、
自分ができることを最大限して捕まえようとするのですが玩弄されてしまい……。

レイカは美人で強くて気さくな好人物ですが、
痴漢に主導権を握られても快楽に流されまいと頑張ります。
そんな彼女と幽霊痴漢たちとの淫靡な戦いは読み応え十分でした。
衣装や責め方に作家の拘りが滲み出ていて、Hシーンは凝っています。

状況描写が細かく丁寧なだけでなく、
所々にユーモアも散りばめられていて、
読み易くて面白かったです。

作品の根底にある設定を上手に活用し、
また伏線も多々盛り込むなど構成も巧みで唸りました。

良作です。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!乙女

2010年10月04日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

乱れ方。最高レベル?

文章に気品を感じる。
どこか、ドラマを見せられているような。
静寂と喧騒が交差した。魔的なひと時。
そこに、痴漢という名の社会現象が
大手を振って存在する。

なに。ネタがわかった。

常識と虚構と。虚構の中におかれた世間一般。

現実的なのはなぜだ。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!天才作家によるおっぱい描写

2009年06月12日  

このレビューは参考になった×2人

綾守先生のフェテティッシュな表現が満載の名作ですね。

Yシャツ着衣状態のままで、まずブラのみを外して服の上から舐めまくり、コントラストを楽しむ表現や、
ライダースーツ状態で、学生達に視姦されながらの徹底した胸への弄くりなどなど・・・

胸攻めの弱さを隠す為に必死に堪えている姿や女捜査官の気の強さもよく表現されていて、何度も読み返したくなる作品です。

この素晴らしい胸に対しての描写がもう見れないことが本当に悔やまれます。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]