({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2009年03月25日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数258
ジャンル
ファイル容量
4.87MB

作品内容

その聖女は、槌(つち)と鋸(のこ)を以て魔を滅す——。
エクレアは巡礼使徒として各地を巡る聖王教会のシスター。

ある日、辺境の街で一人の少女が魔貴族の生け贄にされようとするところに遭遇し、
身代わりとしてその身体を捧げることになる。

魔貴族居城への馬車の中、その巨乳や豊満な太腿を嬲り回す悪魔たち。
城の拷問部屋では搾乳器に爆乳を搾られ、穢れを知らないアナルを浣腸器で
抉られ魔物の精液を注ぎ込まれる。

しかし、拷問吏としての素顔を明かしたエクレアは、
神の加護で顕現させた拷問器具を手に次々と悪魔たちを屠ってゆくのだった。

そして主敵の伯爵に対峙したその時、エクレアは忘れ得ぬ己の過去と再会する。
ぬめる触手に全身を嬲られ、触手粘液をぶっかけられながらも屈することのない
エクレアを追い詰める魔貴族の中出し陵辱。
数知れぬ断罪の最中も絶えず彼女を責め苛む“罪”とは一体?

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「鮮血の聖女エクレア 聖なる執行者」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 3件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

首輪/鎖/拘束具(2)

ハイスペック修道女

2013年06月28日  

このレビューは参考になった×0人

金髪おっぱい
シスター
実は異端審問官
S(武器がソレ系)
M(罰を欲する)
欲求不満
ヤンデレ
黒井キャラゆえお尻

こう書いて見ると相当にハイスペックだと、改めて実感します。
話の流れとしては表紙のシスターが訪れた街に悪さする悪魔と対峙し、体を張って(笑)戦闘するというものです。

続編とかでないかなあ、と思う一品でした。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

破天荒

2012年10月21日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

凶器に満ちた物語です。

協会のあり方について書いているのですが、
ダークサイド化が好きな方におすすめ?

強いです。いろんな意味で、笑っている主人公が凄いなぁと思いました。

マゾっ気というよりも消滅を望んでいるというところに、
好みが分かれる部分がある気がします。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!とにかくハード。

2010年03月29日  

このレビューは参考になった×1人

レビュアーが選んだジャンル :

聖女でありながら魔物に対しては残虐な性格のヒロイン。
しかし残虐な性格でありながら、様々な責めにM性が目覚め、敵の手に堕ちて行くストーリー。
責めの内容はSMチックでありながら、触手などのニプルファックもあり、とにかくハードな内容。

いい意味で色々と裏切ってくれる読みごたえ十分な作品でした。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]