({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2009年03月21日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数256
ジャンル
ファイル容量
4.21MB

作品内容

一族に伝わる秘剣を振るって日々妖魔を狩る少女・御月。
かつて一族を裏切って妖魔に身を投じた妹・沙月を追う彼女は、実妹を追いつめるが、
罠にはまり、かつて自分が葬った妖魔たちに数々の陵辱を受けることに。

蟹妖魔の大きな鋏で固定され、その触手によって巨乳など全身をまさぐられる御月。
鏡妖魔に自らの痴態を見せつけられ恥辱に震える退魔剣士は、
刀妖魔にその剣で股間部を愛撫され、
貝妖魔によって胎内に妖魔の卵を産みつけられてしまう。

数々の責めに次第に理性を失っていく退魔少女だが、しかし、責めはまだ終わらない。
産み付けられた卵によって肉体の内から肉欲を刺激された剣姫は
理性が抗う中、催眠にかかったようにオナニーを披露させられる。
そして胎内で孵化したクラゲ妖魔たちは、出産した少女に更なる快楽を要求するのだ。

さらには悪に染められた妹にまでフェラ奉仕、近親相姦レズ陵辱を強要される。

延々と続くと思われる人外の責めに、誇り高き剣士は妖魔たちの奴隷へと堕ちていく……。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「月下の剣姫」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

出産(2)
奈落へ堕ちゆく少女剣士のはかない姿を堪能

2013年07月03日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×1人

レビュアーが選んだジャンル :

トモセ絵に惹かれて購入しましたが、予想以上に満足のいく内容でした。

妹を追い、妖刀を手に妖怪達と戦い続ける孤独なヒロイン、御月の前に、妹を連れた大物妖怪が登場。これまで倒してきた妖怪達がよみがえり、彼らの報復凌辱を受けながらも、妹を追っていくが、度重なる凌辱に御月の身体は快楽に逆らえなくなっていき、とうとう……というのが大筋。

えちぃのお相手は、主に触手系をはじめとする妖怪たち。気丈に凌辱を耐えようとするも、次第に快楽に落とされていく、というシチュが盛りだくさんです。逆に言えば、それに一転特化していて、それ以外のえちぃシーンは希薄。たまらず自慰にふけってしまうシーン、また終盤で妹との絡みがありますが、これらは、御月が快楽にはまり込んでしまった、その結果を示すものです。

トモセ氏がまたいい仕事をしていて、グロテスクな触手と美少女のコントラストが素晴らしい。あるときは羞恥に、あるときは快楽に支配された御月の表情は、文句なしにえちぃです。

健気な少女剣士が奈落の果てまで転がり落ちていく、はかない姿を、存分に堪能できました。きれいな絵柄に興味を惹かれたなら、手を出してみてもよいのでは。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

ひょっとすると愛

2010年01月08日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×1人

レビュアーが選んだジャンル :

悲壮感のこみ上げるような、頑張る姉さんの物語。

物語の中で、主人公の思い道理になったことが如何に少ないか。
いや、制限された自由の中を、精一杯に生きているのが彼女なのだ。

ネタバレを好まないので、詳しくは語らないけれども、
ひとつの信頼が崩れるとき、剣士といえども、無残な現実に飲み込まれる。
そのことの成り行きが、読むものの心にどう映るのか、
一見の価値はあるかもしれません。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]