({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2009年04月01日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数206
ジャンル
ファイル容量
46.66MB

作品内容

解説/や……やべーよオレやっちゃってるよ……。オレ……もう止まんねぇ……。
友人宅で留守番を頼まれ、友人の妹の下着の臭いを嗅いだり、被ってしまったオレ。
そんな時に偶然にも妹が帰宅してきてしまい「キャー! ちかんーっ」大声を上げてしまった。

オレはとりあえず彼女の口を手で塞ぎ、身動き出来ない様にして事情を説明しようとする。
しかし彼女は勘違いしたまま「乱暴だけはしないで……なんでも……なんでも好きにしていいから」と、
すっかりオレの事を強盗か何かと勘違いしているようだ。

こんな可愛い娘を好きにしていいのか……
オレは彼女の服を脱がし、柔らかい肌に唇で愛撫した後、勃起してしまったペニスを彼女の淫口へ挿入した……
『誤解だよ』


幼いの頃に遊んだヒミツ基地。
久々に帰郷したさおりは、懐かしさからそこの入り口の壁穴から入ろうとするも、
お尻が引っかかってしまい抜けられなくなってしまった。
スカートが捲れ上がりパンツは丸見え。
「お願い手伝って」
恥ずかしい状態のまま、偶然通りかかった少年に哀願するさおり。
「デカいケツだなー」
と少年はお尻を鷲づかみにして押し始める。
「あっ……やだっ、私感じてるっ……」さおりは子ども相手に濡れてしまっていた……
『ヒミツ基地』

人気作家あまの・よ〜きが描く、可愛い女の子がするあんな事! こんな事!!

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「とろける気分」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件