電子書籍 > キリブックス > お兄ちゃん許して!

         
({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}

作品内容

親が旅行で居ない二人っきりの家。
小生意気な態度をとる妹にカチンときた兄は、妹を無理矢理ソファーに押し倒す。
「だ……だめだよお兄ちゃん」柔らかそうに成長した生乳を揉まれながら必死で拒む妹。
しかし兄は「ここも見せてみ」とパンティを剥ぎ取り、
毛がまだ生えてもいない妹のアソコを指で撫で始めた。

皮を捲りクリトリスを指で摘む様にまさぐると、「あっ」と女の喘ぎを漏らす妹。
そんな妹へ兄は十分に勃起しきったペニスを挿入しようとする。
「ダメえ!! ほんとそれやめて〜」妹の抵抗も空しく、兄はペニスを挿入し、ピストンを開始した……『妹』。


暑い部屋の一室で「もう寄らないでよ! デブは熱いのよ! デブは」と妹に馬鹿にされた兄の怒りは頂点に達した。
無理矢理服を剥ぎ取り、妹の両手両足をくくりつけて身動きを取れないようにした。

こんがりと日焼けした妹の身体を眺めながら、ゆっくりと乳首を指で弾きながら、ねちっこく口で吸い付く。
涙を流しながら悶絶する妹の事など気にせず、今度は電器按摩を取り出し、
露わになったクリトリスの先端部をマッサージする。
ビクンビクンと痙攣する妹を尻目に、兄のお仕置きは続くのだった……『残暑』。


近親の変態じみた愛欲を人気作家が濃厚かつ過激に描く妹凌辱アンソロジー!!

作品情報/動作環境

作品番号
BJ003526
ファイル名/ファイル容量
BJ003526.zip / 25.15MB
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「お兄ちゃん許して!」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件