({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2009年06月03日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数179
ジャンル
ファイル容量
41.46MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

ハルオの眼はヤバイ。いつもギラギラとして獣のようで。
付き合っている彼女も辟易しているが、そんな彼を頬染めて見つめる少女がいることを、誰も知らない。

「私がかわりにできませんか。何をされたって、私、平気ですから」…。

表題作「いつもギラギラする日」他、絶妙な構成と爽やかな語り口でファンを魅了し続ける、陽気婢の初期傑作短編集。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「いつもギラギラする日」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件