電子書籍 > キルタイムコミュニケーション > 魔法少女エンジェリックカリン2

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

魔王ギスカール撃破から一年。ロリっ娘の華鈴は学園生活を送りながら、魔法少女として
魔物と闘う日々を送っていた。ある日、メガネをかけた美少女・クレアが話しかけてくる。
彼女は魔物がはびこる異世界ミスルから、救いの手を求めてこの世界に
やってきたというのだ。クレアの助言を得たカリンは穢れた魔力を祓おうとするが、
その快楽に耐えきれず制服姿でおもらし絶頂してしまう。

そして、悪夢は唐突に訪れる。学園祭当日、強大な力を秘めた敵によって学園は支配され、
一気にレイプの坩堝と化す。闇の力で白濁スライムへ姿を変えた生徒に肢体を汚される華鈴。
新たに魔法少女となった親友・渚も、全校生徒の前でオークに巨乳を揉みしだかれ、
露出したアナルを貫かれて絶頂を極めてしまう。

やがて牝奴隷の如くメイド喫茶で調教される二人。華鈴は魔物化した男子生徒達への
フェラや肉穴奉仕を強いられ、ついには魔物の卵を孕んで絶望の産卵出産を果たして
しまう。渚は爆乳をさらに拡張され、ニップルファックで母乳を
噴き出しながら堕ちていく。魔法少女達の狂乱の宴に終わりは来るのか——!?

作品情報/動作環境

作品番号
BJ003229
ファイル名/ファイル容量
BJ003229.zip / 5.12MB (5364049Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「魔法少女エンジェリックカリン2」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

やはり魔法少女はイイ

2014年10月27日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

緑木邑さんのかわいらしいイラストが最大の売り、ただ欲を言えば前回からの闇堕ち衣装をもう少しだしてほしかったかな。
相変わらず栗栖ティナさんによる、騙しや策略による陵辱描写はとても上手く、読み手として興奮します。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

意外に……考えさせられる内容だ。

2009年05月21日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

前作の……魔法少女エンジェリックカリンの続編です。
話の整合性を合わせたいということであれば、前作を読んだ方がいいと思います。
魔法少女としての設定……そしてその着地点がエロに向いていることについては非常に好感を持てるこの作品。
魔法少女の拘りを感じさせる作品であることには間違いないです。
前回の内容と同じく凌辱がメインプラスで百合展開があるのがこの作品の特徴です。
その描写は秀逸なので、読む派であれば買うことをお勧めしたいです。

後、驚いた描写というのが魔法少女の扱い。
前作で散々汚された主人公の魔法少女は闇のエネルギーを持つようになった。
これは従来の魔法少女から言えば異端とも云えるものである。
魔法少女というのは本来神聖であってしかるべき。
それを覆した本作品は著者の魔法少女に対する意気込みと気迫が感じられる。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]