電子書籍 > キルタイムコミュニケーション > 紅き瞳のヴァンパイア

         
({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}

作品内容

人間の肉体に封印されたヴァンパイア・シルヴィア。
自身の封印を司る退魔師にして友人でもある朝霞とともに魔物を狩る金髪紅瞳の少女は、
潜入した学園でかつての宿敵・レイドの影を感じ取る。
積年の因縁に決着をつけるため、ひとり仇敵と対峙するシルヴィアだが、
周到に張り巡らされた罠にはめられてしまう。

セーラー服越しに触手に縛められて蛇女と人狼に秘裂を舐め上げられ、
菊穴にぬめる子蛇を押し込まれるヴァンパイアの少女。
宿敵に処女華を散らされた肉体は、十字架の聖なる力による刺激を受けて、
全身を這い回る触手やスライムの粘液悦に抗えなくなる。

聖銀でできた三角木馬によるSM調教、アナルビーズを使っての菊穴拡張を受けたほか、
盟友の朝霞も巨乳を用いたパイズリフェラ奉仕を強要される。
果ては大勢の獣人たちに輪姦され、その剛棒を貪るようになってしまうのだった。

気高い吸血鬼は、次第に快楽の僕へと堕ちてゆく。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ002967
ファイル名/ファイル容量
BJ002967.zip / 3.79MB
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「紅き瞳のヴァンパイア」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件