電子書籍 > キルタイムコミュニケーション > 淫舞の巫女姉妹弐 孕みし者のさだめ

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

かつて最強を謳われた戦巫女・新宮姉妹。
しかし、妖怪たちの首領たる鬼に敗れ、激しい調教の末、今はその軍門に下っている。
鬼の子を妊娠した妹・沙津樹を気遣いながら、闘いの日々を送る姉・真希。

ある時、老妖怪にそそのかされた真希は妹を救うための法具を求め高野山に侵攻するが、
僧兵に捕縛され、搾乳、輪姦とその身体を嬲り尽くされてしまう。
辛くも反撃を遂げ妹の元へ帰還を果たすが、そこでは更なる陵辱が待ち受けていた。

鬼の子出産に向け、養分として下級妖怪たちに白濁をぶっかけられる沙津樹。
やがて二人の運命は戦巫女たちの家族が住む村で交錯する。
土蜘蛛に卵を産みつけられての産卵、蔦触手にほじられるふたなりペニス。
連鎖する快楽に人としての矜持が蕩けていく。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ002959
ファイル名/ファイル容量
BJ002959.zip / 5.22MB (5473462Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「淫舞の巫女姉妹弐 孕みし者のさだめ」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

搾乳(2) ぼて腹/妊婦(2) 出産(2)

望まぬ仔を宿した巫女姉妹の孤独な戦い

2011年03月23日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×1人

前作で鬼の仔を孕まされた妹巫女と、その妹巫女のふたなりペニスに孕まされた姉巫女。
かつて最強退魔巫女と呼ばれた姉妹は今や鬼巫女に堕ち、戦巫女に祓われるべき存在です。
忌まわしい受胎に苦しむ最愛の妹と自身の胎内に宿った妹の子。二人を護るために、かつての仲間を敵に回して戦い続ける姉巫女の葛藤が大まかなストーリーとなっています。
ストーリーは重厚ですが、そもそも初めから孕まされた状態から始まっているので、妹はボテ腹H、姉は見かけは妊娠が分からない状態にされていますが搾乳すれば母乳噴射と、Hシーンはいささか人を選ぶかも知れません。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!ボテ腹SEXで弄ばれ、出産までしてしまう!!

2011年01月06日   投稿数 : 8位

このレビューは参考になった×2人

レビュアーが選んだジャンル :

第1巻の終盤の時点で、妹・沙津希は鬼に孕まされ、姉・真希は「フタナリ化した沙津希」に孕まされていたため、2巻においては物語の冒頭から姉妹たちは『妊婦』です。

 ただし、沙津希と真希の間にできた子=真希の子宮に宿った子は、魔物たちにとっても厄介な存在であるため、仮死状態にされています(成長を凍結されています)。
その一方で、沙津希の子宮に宿った鬼の子はすくすくと育ち、物語の冒頭で臨月を迎え、大きなボテ腹姿をさらしています(イラストあり)。

 魔物たちからは、自分たちの玩具として扱われ、さらに故郷の者たちからは、『裏切り者』として憎悪される姉妹たち。胎児が成長を止められているために、真希はボテ腹姿ではありません。しかし、その巨乳からは母乳がびゅうびゅうと噴きだします(イラストあり)。

 物語の後半〜終盤にかけては、臨月であるにも関わらず、鬼に弄ばれる沙津希が描かれます。さらに、フタナリ化したチ○ポから射精しながら出産してしまいます(イラストあり)。このイラストにおいて、膣穴を押し広げて鬼の胎児が出てくる瞬間をとらえています。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]