電子書籍 > キルタイムコミュニケーション > 姫将軍リューネリア 紅蓮の淫城

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

聖アグネリス王国の王女にして「暁の龍翼軍」を率いる姫将軍・リューネリア。
野盗から領民を守り、強い信念のもと統治を行う彼女であったが、悪徳貴族とその娘の
ロリっ子・エーレンの策謀に陥り、平民たちの反乱によって囚われてしまう。
魔女の嫌疑をかけられた姫君に、容赦ないレイプ陵辱が襲いかかる。

精液入りのスープを舐め啜る屈辱的な姿を晒した上、
純潔を散らされ性奴隷のごとく弄ばれていくリューネリア。
彼女は騎士として気高く耐え忍ぶが、暴徒と化した民衆の狂気はさらに膨れ上がる。
衆人環視の中、芋虫生物にアナル内を拡張され、
忌まわしき巨豚に膣内を蹂躙され尽くし、身も世もなく悶え果てる姫将軍。

輝かしい金色の鎧は、装備したままで巨乳による
パイズリフェラが可能なほど露出度の高いものに改造され、
何者の精液でさえ孕んでしまう淫らな身体となったリューネリアの瞳は、
次第に快楽に淀んでいくのだった。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ002849
ファイル名/ファイル容量
BJ002849.zip / 4.77MB (4999022Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「姫将軍リューネリア 紅蓮の淫城」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

おすすめ!誇り高い姫将軍が、プライドを引き裂かれて屈服していく

2011年01月06日   投稿数 : 8位

このレビューは参考になった×1人

「神統貴族」と呼ばれる特権階級であり、かつ自分自身の能力技能もずば抜けて高い姫将軍・リューネリアが、たび重なる調教で、プライドを引き裂かれ、やがて屈服して性奴隷に堕ちていく様子が、丁寧に描かれた物語です。

 物語の序盤において、四つん這いにさせられ、皿に溜められた精液をぴちゃぴちゃ舐めるシーンにはハァハァさせられました(イラストあり)。

 また神統貴族として、平民を蔑視する一面もあるリューネリアが、地下牢に監禁されて平民たちに輪姦されるシーンもお勧めです。膣穴から逆流した精液が、あふれ出る描写にはきちんとイラストもついています。

 終盤では、すっかり性奴隷となったリューネリアが複数のチ○ポにご奉仕し、馬の巨大チ○ポすら大喜びで受け入れていますw

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]