電子書籍 > キルタイムコミュニケーション > 淫辱の魔法捜査官 羞恥陵辱24時

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2008年12月28日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数258
ジャンル

作品内容

魔法が使われた事件を捜査する魔法捜査課、通称『魔捜』。
この課長を務める黒羽紅音は見た目は小さな少女だが経験は最もある捜査官。
事件においては魔力を蓄積することで『魔装』を纏い変身することもできる彼女は、
連続女性失踪事件解決のため囮捜査を行なっていた。

その現場に現れたのは異質な男。彼は一瞬で紅音の身体を操り、
彼女の未熟な肉体を用いての奉仕を強要する。
言葉では否定しても打ち鳴らされるピストン音、そして牡臭によって
淫悦に従順にさせられる紅音……。

しかしこれは事件の序章に過ぎなかった。
姉妹は互いを守る為に肉棒を咥え込み、分析官は恋人の前で憎むべき人間に白濁を放たれ、
そして署長は魔物を強制受胎させられ——淫虐に狙われる女捜査官たち。
それでも一歩一歩真相に近付いていた魔捜の前に立ちはだかるものとは!?

作品情報/動作環境

作品番号
BJ002720
ファイル名/ファイル容量
BJ002720.zip / 8.45MB (8861307Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「淫辱の魔法捜査官 羞恥陵辱24時」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件