({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2008年11月16日
シリーズ名ハーレムキャッスル
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数249
ジャンル
ファイル容量
5.05MB

作品内容

王国騎士に憧れる童貞少年フィリックスは、ある日突然、王太子に祭り上げられ、
考えたこともなかったエッチ三昧の生活を送ることに。

騎士の特訓中にやってきた使者に招かれるまま
王宮に上ったところから運命の歯車が動き出す。

義母である爆乳熟女の未亡人女王に擬似近親相姦プレイを迫られ、
翌日からはクールな巨乳メイド、天然快活メイド、
アンニュイなおっとりメイド、貧乳ロリメイドらに、
身の回りの世話から下の世話まで隅々までご奉仕される。

そして、元上司であり幼馴染みであり憧れだった、
厳しさと優しさを併せ持つ女騎士とも心を通わすことが出来、
屋外での青姦や手コキ、フェラチオ、アナル舐め、パイズリ奉仕など
いつもどこでも女体に囲まれることになる——。
ウブな少年の理性は暴発寸前!?

壮大な世界観とそれを彩る魅力的なヒロインたち——。
大好評を博す竹内けんのファンタジーハーレムシリーズ第一弾!

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「ハーレムキャッスル」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 4件

竹内けんの代表作品

2015年11月09日  

このレビューは参考になった×0人

言わずと知れた竹内けんの代表作品です。Hiviki Nさんの美麗な表紙絵と挿絵もたのしめる作品です。
長期シリーズとなっており、基本的に1人の主人公が王国の中心人物として外交、戦争などに携わる過程でハーレムを築いていきます。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!絵がお気に入り・・・

2011年11月17日  

このレビューは参考になった×2人

レビュアーが選んだジャンル :

絵がエロティックで素晴らしい。
タイトルのハーレムがなんとも響きがいいのやら・・・メインヒロインだけでなくサブキャラもいい味だしていてとてもおもしろいです。さくさく読めます。
しかし、主人公の王族としての務めって現実にシビアなものだから実際は大変なのかなとちょっと思いました。ハーレムも日常的なものになったらいろいろと忙しいのですね。
とにかくハーレム万歳!

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!むっちりした巨乳・巨尻の美女の肉体を愉しみまくり

2009年11月04日   投稿数 : 9位

このレビューは参考になった×2人

ヒロインは多いです。女性なのに騎士団小隊長を務めるウルスラ。ウルスラは主人公の上司であり、同時に義姉(養家の姉)でもあります。そして女王グロリアーナ、女王直属のメイド・ルイーズ、さらに王太子としての新生活をする主人公につけられたメイドたち。

このなかでも女王グロリアーナが個人的に一番気に入りました。
前王の王妃であったことから、王の崩御にともない、女王として即位したグロリアーナ。グロリアーナは王妃といっても、後妻であり自分の産んだ子がおりません。いずれ王位は「王がどこかの女と作った庶子」である主人公に譲らなければならないのですが、そのことで主人公に敵意や憎悪を向けることはありませんし、主人公にSEXの手ほどきをして、若いチ○ポをむさぼりますが、それも「いずれ即位する王太子を篭絡しよう」などというケチな打算からの行為ではありません。純粋に、新王となる主人公を「教育」してあげるためと、自分が若いチ○ポを咥えこみたいからですw

 女王は自分の直属のメイドを主人公にあてがったり、新しく王太子直属のメイドを任命したりしますが、それも『性的教育』の一環です。女王の名言が「女など性欲を吐き出すための肉便器だと思わなくては」w そうしないと、主人公が女性に惑わされたり、女性に溺れたりして政治に失敗するから〜とい理由ですw

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!男の妄想大爆発

2009年04月24日  

このレビューは参考になった×2人

幼馴染の女剣士に訓練を受けていた主人公の少年は、何とお城の王子。城に迎えられた夜、早速、義理の母に誘惑され、素股プレイを堪能する。そのイラストが実にエロい。文章と相まって興奮すること間違いなし。

 しかし、それは甘美な官能の日々の始まりにすぎなかった。お付きのメイドや女剣士や義母とのめくるめくエロティックな日々、少年が男として成長していく物語の始まりであった。最初の女剣士の前に膝をついている少年の絵もエロい。誘っているのではないかと思いたくなる。

 3Pや4Pもあるので、複数プレイが好みの方も楽しめます。男のご都合主義満載の小説です。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]