({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2008年11月07日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数85
ジャンル
ファイル容量
20.62MB

作品内容

解説/自分が顧問を務める茶道部に立ち寄った女教頭。
部員の真澄のたてた茶を口にすると、体から力が抜けてその場に倒れ込んでしまった。
その後、陰から現れた悪徳教師・吉田から今自分が口にしたものが催淫剤であると告げられる。
襖の向こうではバイブを挿入されて悶える女教師や、
吉田に手なずけられた女生徒が男子生徒を誘惑しているようだ……。
厳格な女教師は強靱な意志で理性を保とうとしてするが、真澄と吉田の魔の手が迫る——
『イヤです! 先生』

家庭訪問にやってきた女教師。
生徒の父親にデキの悪い息子をどうにか大学推薦の枠に入れてほしいと頭を下げられるが、
若く真面目な女教師はその頼みを断る。
それで父親はあきらめたかのように思えたが……。
女教師は出されたお茶を飲みほし、この場を去ろうとするが意識が遠のいて……
「バシ!」っと響く音と尻のヒリつくような熱さで意識を取り戻す——
『女教師を肉奴隷にする方法』

真面目な先生たちのハードで淫らなお勉強!
教師の立場を忘れて淫らに腰を振る女教師達の淫乱な宴を集めた強力アンソロジー!!

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「淫教師」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件