電子書籍 > キルタイムコミュニケーション > 学園仕舞人 剣崎真琴

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

人の弱みにつけ込む悪を成敗する“仕舞人”として、学園の平和を守る三人の美少女——。

一人は、リボンを自在に操る少女・かんな。
もう一人は、鍼術の達人・寧。
そして、実戦剣術の達人・剣崎真琴。

彼女たちは学園中の信頼を得る存在となっていたのだが、
それを煙たく思った生徒会長・鏡也の目論みによって、陰湿な罠に掛けられてしまう。
囚われたかんなはリボンを巻きつけた肉棒を陰部に突き込まれ、
寧もまた自らの武器である針によって搾乳母乳責めにあい、おもらし絶頂で果てるような身体へと調教されていく。
鏡也に一人立ち向かう真琴だったが、淫靡に洗脳された二人の仕舞人に取り押さえられ、
自らの剣で膣とアナルをふさがれる羞恥の輪姦責めに晒される。

他のクラスメートたちの乱交の餌食にされ、精液をぶっかけられる剣姫の肉体は、
憎き宿敵の肉棒を悦んで受け入れてしまうほど、淫欲の疼きで支配されていくのだった。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ002165
ファイル名/ファイル容量
BJ002165.zip / 4.59MB (4814563Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「学園仕舞人 剣崎真琴」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

道具プレイが必見。

2009年05月21日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

学園ものかつ正義モノ。
正義漢を志す少女たちが今日も犯される……という内容になっています。
ここまでは典型的で特筆される内容はないよう思います。

しかし、この作品の特徴は何と言っても道具プレイでしょう。
自分の愛用している武器でありとあらゆる恥辱をさせられるのがこの作品の最も……最大級の特徴です。
自分の使っている武器によって恥ずかしいことされる少女たちは戸惑いを隠しきれない……。
それがこの作品の特徴と言えるでしょう。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]