電子書籍 > キルタイムコミュニケーション > 神狼の戦巫女 神凪沙織

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

守護社に仕え、対魔戦闘に従事する戦巫女——。
そんな彼女たちをまとめる筆頭巫女・神凪沙織は、親友である芳美の嫉妬によって魔物使いの手に落ち、
触手蟲に捕らえられてしまう。

彼女とともに、神として祭られる白銀の狼までもが囚われの身となり、街全体が魔物たちに占拠されていく。
脅える市民の前で首輪に繋がれ恥辱的な姿を晒す沙織は、神狼の性奴と見なされ、その記しとして肉槍を突き込まれてしまう。

神狼の肉塊をアナルに挿入され、獣姦による肉悦に目覚める筆頭巫女。
その後牝犬として扱われる沙織は、クラスの男子や市民たちの精の捌け口として輪姦調教され、
神具によって嬲られる屈辱の陵辱責めを受ける。

容赦なく中出しされ魔の子を孕まされた戦巫女は、無惨に引き裂かれた装束を纏いながら、
頭の中に響く淫悦の旋律を愉しむまでに堕ちていくのだった。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ002100
ファイル名/ファイル容量
BJ002100.zip / 3.78MB (3959748Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「神狼の戦巫女 神凪沙織」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 3件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

強制/無理矢理(2) 獣姦(2) ぼて腹/妊婦(2) 出産(2)

巫女さんの憂鬱

2014年03月30日  

このレビューは参考になった×0人

妖魔が蔓延るようになった現代日本で
邪教の司祭が主人公の相方の守り神(狼)を
悪堕ちさせた後街中総出でフィーバーする、
という話です。

昨日まで肩を並べて妖魔から街を守ってきた巫女仲間が
理性を狂わされ怪しい儀式を進んで行う時の
主人公の絶望感などが丁寧に表現されております。

個人的にお気に入りはラストのシーン
主人公の欲求不満が周囲に伝播して
崩壊を加速させるところ、やられました。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

クールな筆頭戦巫女が凌辱妊娠させられる。

2011年03月23日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

ヒロインは戦巫女を率いて魔物を撃退する、クールな筆頭戦巫女。
そんな彼女に嫉妬していた巫女少女の裏切りにより、戦巫女は魔物に囚われてしまいます。
その隙に街は魔物に制圧され、戦巫女たちは扇動された人々によって凌辱されてしまうのでした。
さらに筆頭戦巫女は、魔物に取り込まれた、神の化身たる狼に獣姦され、魔神の仔を宿し、ついには出産させられてしまいます。
清楚な巫女少女を徹底的に蹂躙する作品ですが、種付けシーンは獣姦ですので人によっては嫌悪感を抱くかも知れません。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!清楚な巫女が孕まされ、ボテ腹SEX → 出産まで!!

2011年01月06日   投稿数 : 8位

このレビューは参考になった×1人

町の住民たちから清楚な存在として崇められてきた巫女・沙織が、計略にはめられ、淫乱な巫女であるという烙印を押され、さらに衆人環視のもとで凌辱されていきます。

 信じていたものに裏切られたり、あるいは自分の必死の訴えを信じてもらえず、凌辱されたりしていく描写にハァハァ。

 SEXシーンとしては、赤い袴をびりびりと破かれ、四つん這いにされた状態での種つけシーンに大興奮でした(イラストあり)。その種つけの場に居合わせた魔物使いが、わざわざ「1回目は膣内を潤すための射精。2回目は孕ませるための射精です。疾風丸さまの妻と認められてよかったですね」と言葉責めするのがよかった。

 首輪をはめられ、複数の男たちに輪姦されるシーンもあり(イラストあり)。しかも、その現場を目撃した少女たちからは軽蔑と嘲笑が浴びせられます。

 物語の終盤では、触手系チ○ポに囲まれてのボテ腹SEX(イラストあり)。また終盤では、ついに出産までしてしまいますw

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]