電子書籍 > キルタイムコミュニケーション > ホワイトプリズンVI 星孕む女神は終焉の風を渡る

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

密林の島で、女王エマに謁見したフィオは、この島の秘密を告げられる。

島に眠る古代遺跡、それこそは、初代女王が残した異世界への扉だったのだ。
この世界から決別し、別世界へ旅立とうとするエマに、協力を求められるフィオ一行。
そして、彼の妻と女王の家臣たちは、扉を発動させるため、遺跡の奧へと歩を進めることとなる。

だが、そこには凌辱とも言うべき肉の試練が待ち受けていた。
おぞましい怪物の舌に淫蜜を啜られてアナルを貫かれ、快楽のあまり恥辱のおもらしをさせられる女たち。
さらには、淫樹の触手に子宮を抉られて肉悦に溺れさせられる。
そして最後の試練を前にして、女王さえもその肉体を捧げ、淫ら極まる乱交が始まる……。

ファンタジーエロスの人気シリーズ、ここに堂々完結!

★☆★ 豪華特典 ★☆★
小説本編に加え、単行本未収録の『ホワイトプリズン外伝』を同時収録。
2冊併せて400ページ以上の大ボリュームです!

作品情報/動作環境

作品番号
BJ002099
ファイル名/ファイル容量
BJ002099.zip / 9.25MB (9696167Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「ホワイトプリズンVI 星孕む女神は終焉の風を渡る」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件