電子書籍 > キルタイムコミュニケーション > 精霊騎士アクエアルII 穢されし聖涙

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

■ダンロードサイトにて美少女ゲーム版も好評発売中!
http://maniax.dlsite.com/dlaf/=/link/work/aid/k86032/id/RJ042209.html

■STORY
王国軍と反乱軍の戦いから七年。火の王ヴァハは肉体の限界を迎え消滅し、
水の精霊騎士アクエアルの前には荒廃した王国のみが残されていた。
激しい絶望と悔恨の末、彼女は過去の過ちを償うことを誓い、
新たに集った若き騎士たちと結託し王国の復興に乗り出す。

しかし長きに渡り身体に刻み込まれた肉悦は彼女を苛み続け、
やがて快楽を求める心が暴走し、黒き分身・メルディナとなって生まれ出でてしまう。
メルディナの罠によって忠実な部下である少女騎士リュシィを輪姦責めの餌食にされ、
自らも水触手に搦め捕られる陵辱に悶え喘ぐアクエアル。

肉穴を容赦なく抉られ、胎内に白濁液を中出しされる悦びに打ち震える彼女には、
守るべき民にまで肉欲を貪られて精液をぶっかけられ、
ぼて腹を震わせて巨乳から母乳を噴き出しながら絶頂を極めるという
淫らに穢れ果てた未来が待ち受けるのだった。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ002098
ファイル名/ファイル容量
BJ002098.zip / 6.73MB (7060615Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「精霊騎士アクエアルII 穢されし聖涙」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

精霊騎士再び…!

2011年02月22日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

前作で炎の精霊王に屈してその妃とされ、肉欲の海に沈んでしまったアクエアルでしたが、精霊王が宿っていた人間の肉体の方が先に限界を迎え、アクエアルを残したまま消滅してしまいます(一種の放置プレイ?)
国の荒廃に責任を感じたアクエアルは人々と力を合わせて復興に努めます。
そんな彼女の前に現れた新たなる敵・メルディナ。それは肉欲を知ってしまった彼女自身の影が生みだしたものでした。
メルディナの力により人々は淫欲に取りつかれ、アクエアルもあらがいつつ肉欲に流されてゆきます。
あとがきを読むと、自然(=精霊)は決して人間に都合の良い存在ではなく、神は時として悪魔にもなり得るのだという作者の意図がこの作品には込められていたように思います。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]