電子書籍 > フランス書院 > 妹パンチ! アニキなんて大キライ

         
({{ product.rate_count }})
{{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
著者 森野一角(作) / 千葉千夏(画)
出版社名 フランス書院フォローする
レーベル 美少女文庫
販売日 2008年10月13日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数278
ジャンル
  • この作品には「旧プロテクト」がかけられています。 ご購入前に必ず [ 旧プロテクトについて ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

「馬鹿アニキ!」「……お兄ちゃん」「コラ、海彦!」
可愛い義妹三人から迫害(?)されてきたこの生活。それが一変! 
元気いっぱいの一実も、寂しがり屋の双葉も、ナマイキな三菜も、今やお兄ちゃんラブと慕ってくれる!
甘い告白、危険な誘惑、そして夢のトリプル挿入に、我慢なんて絶対ムリ!

作品情報/動作環境

作品番号
BJ001983
ファイル名/ファイル容量
BJ001983.zip / 18.25MB (19135404Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「妹パンチ! アニキなんて大キライ」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

義妹(2) 巨乳/爆乳(2) 貧乳/微乳(2) 複数プレイ/乱交(2)

おすすめ!妹トリオ

2014年08月03日   投稿数 : 6位

このレビューは参考になった×0人

さっぱりした気性の体育会系で貧乳な長女
無口無表情無機質で奇行の目立つ巨乳な次女
よくいえば面倒見が良い悪く言えば口うるさい三女
の三人の義妹たち(次女と三女は双子)

説明には「迫害」とありますがそんな感じではないですね、幼少期はべったりのお兄ちゃん子だったのが思春期で自立したという程度、実際にはある人の思惑があって妹達が気を使っていただけで3人ともブラコン継続中だったわけですが
そんな3人とある事件をきっかけに急接近してえろえろライフ・・・というハーレム展開

ストーリー的には三女がメインヒロインですが、個人的には次女の双葉ちゃんが可愛いですね
クーデレ&電波系な彼女ですがとっても純情、奇行にも本人なりにちゃんと事情があります
義理とはいえ妹に手を出していいか悩んだり、妹たちがハーレムを知って険悪になったり、ラブコメとしてかなり完成度高いかと
あと実の息子をボロクソに扱き下ろし義理の娘を溺愛するお母さんは個性が立ってる非常に良いキャラでしたハイ

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

個性的な義妹たちとのSEX三昧

2009年07月21日   投稿数 : 8位

このレビューは参考になった×0人

ボクシングを習得している武闘派の一実、奇人変人というタイプで、刃物を持ち歩いているという危険な一面がある双葉、主人公を名前で呼び捨てにする三菜。
 3人とも個性的なヒロインたちです。主人公の「義妹」たちなのですが、ヒロインたちはそのことを知りません。父母の再婚時に、もう物心がついていた主人公はヒロインたちが義妹であることを知っていますが、ヒロインたち自身は自分たちが「実妹」であると思い込んでいた〜というストーリーです。

 やがて「実兄を恋愛対象にはできない」という壁が取り払われたヒロインたちと「義妹であっても妹に手を出すわけには行かない」と考える主人公は当初は対立する関係になりますが、結局SEXしちゃいます。

 刃物を持ち歩く危険人物、双葉は単なる性格異常者というわけではなく、双葉がそういう性格や奇行をするようになったことに主人公との思い出が絡んでいるなどストーリー性もあります。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]