({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2008年09月28日
シリーズ名姦落の巫女姉妹
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数257
ジャンル
ファイル容量
7.11MB

作品内容

悪しき淫魔から人々を護る最強の退魔師——不動家三姉妹。静音・凛・七重の三人は、
謎の連続誘拐事件の真相を追い、淫魔の隠れ家である廃ドーム球場に乗り込む。
だがそこで待ち受けていたのは、想像を絶する新たな淫牙であった。
以前体験した恥辱の記憶を呼び起こされ、捕らわれてしまう七重たち。
救出に駆けつけた母・沙羅までも、因縁の相手である淫魔・雅螺我闇による
醜き触手の餌食にされてしまう。娘たちの前で屈辱的に嬲られる母。
そして、双孔から触手ペニスを生やした三姉妹と結合しあう肉親相姦。
巫女とは思えない恥辱的な姿で、淫魔に肉体を捧げる母娘輪姦。
汚臭の漂う白濁に包まれながら、淫魔を妊娠し、
出産させられるという絶望的な姦落の道を疾走していく四人が
行き着く果てとは……。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「姦落の巫女姉妹 弐」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 3件

実用性が高い

2017年05月05日  

このレビューは参考になった×0人

※ネタバレ※ このレビューには作品の内容に関する記述が含まれています。 レビューを表示する

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

オヤコ丼

2013年08月14日  

このレビューは参考になった×0人

大熊先生の巫女シリーズの二作目です。

今回は前回の三姉妹に加え、チラと登場したママが追加となります。
基本的に
魔物出現
退治に出動
罠にかかって捕縛(される)
アハンウフン
の流れです。

良いところ
・実用性高
→ストーリー部分を極力削ってそういったシーンに
ページを割いています。
・間口広
→三姉妹プラス未亡人で広範囲の層をカバーしてます。

悪いところ
・一部掛け声(?)がヘン
→魔物の笑い声の「グッフフン」とか、
次女がとかく「キショー」と悔し声をあげるのですが
もう少し他の声は無かったのでしょうか。

要望
・能力の使い方
→「過去の出来事を追体験させる」能力が出てきたので
シリーズ物を活かして前作のプレイを反芻しつつ
リアルで別の刺激も与える、みたいな形に挑戦して欲しいです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!疑似出産シーンが最高です。

2011年02月14日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

前作で処女を奪われ巫女の力を喪った巫女姉妹は自らに宿る「不動の聖力」と修行の末に力を取り戻し、再び淫魔との戦いに立ちますが、父の仇の前に母巫女ともども捕えられてしまいます。
肉体を操られ、強制奉仕、輪姦、股間に生やされた肉触手による強制近親相姦と嬲られて、ついには子宮に宿った「不動の聖力」を剥奪され、疑似出産により産み落とさせられてしまうシーンが絶品です。
シリーズ3作の2作目ですが、巫女凌辱もの全体を見ても、本作が最高傑作だと思います。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]