電子書籍 > キルタイムコミュニケーション > ヴァルキリースレイブ 聖少女の躾

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

新興の軍事国家——ユージニアの侵略から、祖国カナレを救うために、一軍を率いて立ち上がった少女リリア。

神懸かり的な強さで勝ち続ける女騎士は、いつしか「救国の戦乙女」と呼ばれるまでになっていた。
だが彼女は裏切り者の策謀により、敵軍に包囲され、膝を屈してしまう。

リリアは身体の自由を奪われたまま、子宮に淫虫を寄生させられ、絶えず発情を強要されてしまう。
敵の手によって羞恥の肉悦調教にかけられる聖少女。

湧き上がる淫欲に身を震わせるたび、身にまとった聖鎧が、乳房を捏ね、乳首を擦り、
尻を、陰阜を責め嬲る ——もはや、オナニーさえままならず、鎧は堕淫の牢獄と化した。
肉欲に脳裏を焼かれたリリアは自ら強姦を懇願し、
憎むべき裏切り者の男根に処女を捧げて輪姦陵辱の快感に身を委ねる。
アナルへの挿入に膣への中出し。おびただしい精液がリリアの身体を汚していく。

聖女を苛む淫らな躾は、このまま果てしなく続くのか……。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ001933
ファイル名/ファイル容量
BJ001933.zip / 6.74MB (7072021Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「ヴァルキリースレイブ 聖少女の躾」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

あっという間です。

2010年01月19日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

凶器に満ちた人々の共演。
読みはじめから感じた異質な何かを、表現すると
作者の作りこんだ設定。世界観に引きずり込まれたと
いうのがよいのかも知れません。

崩れ行く者の様子に、魔的な要素が加わると、熱狂の
演出がこんなにも、スムーズになるとは。

壮大な物語?を映画のようにお楽しみください。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]