({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2008年09月07日
シリーズ名呪い屋零
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数272
ジャンル
ファイル容量
7.26MB

作品内容

「呪い屋」の異名を持つ凄腕の女呪術師、佐々木零。
今回彼女に与えられた任務は、強大な呪力を秘めた黒魔術本『テレマの神学書』を探し出すこと。
その所在を求めて零は、名門お嬢様校への潜入調査を開始する。

しかし、事件の核心へと迫る女呪術師の身に、姿の見えない敵から数々の淫呪が放たれる。
授業中、クラスメートが見守る中で、肉触手に双穴を掻き回されての羞恥絶頂。
スクール水着姿で、プールに仕掛けられたスライム状の化け物に絡みつかれての恥辱自慰。
黒犬による獣姦陵辱、アナル射精。鍼による母乳噴出。

そして、召喚された淫神が繰り出す怒濤の触手責め——
超常の力によってふたなり化した零は、触手による中出しの快楽に狂わされながら上り詰める。
高まる淫気に狂わされた零と女生徒たちを巻き込んで、神聖なる学舎が肉悦の坩堝へと変えられていく。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「呪い屋零3 淫書の誘いに妖華咲く」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

往年の名作

2014年03月30日  

このレビューは参考になった×0人

斐芝先生の往年の名シリーズの三作目です。

基本的な流れは
・表紙のお姉さん(退魔士)が依頼を受け学園潜入
・潜入がバレて色々なアプローチが
・さらにトンでもないものが召喚されヒートアップ
という形になります。

濡れ場に力を入れ過ぎてストーリーが疎かになることもなく、
ストーリーに力を入れ過ぎて濡れ場が犠牲になることもなく、
実に絶妙に構成されております。

最後に一つ注意点
このシリーズ百花繚乱で楽しむもので無く、
基本体を張るのは表紙の主人公のみなので、
その点はご了承の程、よろしくお願いします。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]