電子書籍 > キルタイムコミュニケーション > ぶっかけアンソロジーコミックスVol.1

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

二次元ドリームレーベルから、オール描き下ろしアンソロジーコミックスが登場!
電子書籍のために描き下ろしたので、ここでしか読めない濃厚なエッチ漫画が盛りだくさん!

今回のテーマは「ぶっかけ」です!! あらゆるHメディアで人気を誇る「精液ぶっかけ」を
題材とした美少女たちのザーメン陵辱が満載! 濃厚白濁液をかけられ嗅がされ舐めさせられて、
飲まされたうえに中出しされる! フェラチオからアナル挿入までエッチのシチュもよりどりみどり!!
気丈で凛々しいヒロインたちがドロドロのスペルマの餌食となって嬲り堕とされていく姿は必見!!

『聖巫女マドカ 淫惑の宴』by トキサナ
恥辱に耐え、奇病の薬となる鬼の精液を搾り集める巨乳巫女。白濁の味に酔いしれ、穢される快感に目覚めていく!

『白濁剣士 七緒』by ウメ吉
学園を守るセーラー服姿の剣道少女が媚薬を盛られて白濁まみれに! 疼く肢体にパイズリ髪コキと精液が浴びせられてゆく…!!

『白騎士』by 赤木
敵国に捕らわれた王女と、それに仕える女騎士——二人の美女が、輪姦されながら醜き魔男たちの白濁シャワーの餌食に……!!

表紙イラスト:トキサナ

作品情報/動作環境

作品番号
BJ001798
ファイル名/ファイル容量
BJ001798.zip / 25.2MB (26425318Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

ぶっかけアンソロジーコミックスVol.1の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「ぶっかけアンソロジーコミックスVol.1」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 3件

とにかく女にぶっかけろ!

2013年04月18日   投稿数 : 3位

このレビューは参考になった×0人

凛々しき美女たちが男たちの精液でべとべとにぶっかけられて凌辱されていく作品です!
犯され白濁に溺れてイキまくる女たちの痴態に興奮するという人にはおススメの作品です!
精液で汚れた姿と普段の凛々しい姿とのギャップにはね蹴る要素が満載です!

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!ぶっかけ満載

2012年05月05日   投稿数 : 5位

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

ぶっかけ作品のアンソロジーです。

いろんな女の子を白く染めていく、それこそぶっかけの醍醐味です。
あと、精液をぶっかけられる内に、精液の匂いに発情しておねだりしちゃう子とかもいます。オススメです。

ぶっかけなどが好きな方は是非

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!御三方が好きな方に

2008年09月22日  

このレビューは参考になった×0人

同社の闘姫陵辱やスレイブヒロインズで見慣れた御三方が執筆されているだけに、安定してエロいです。
私の場合、赤木さん目当てでの購入でしたが、こちらでもいつもの赤木節が炸裂していて、安心しました。
問題点を挙げるならば、流石に書籍に比べると量的に少ないと感じてしまうところですが、デジコミなので仕方がないところだと思います。
ともあれ、件のシリーズが好きな方には間違いなくお勧めできる作品群です。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]