電子書籍 > キルタイムコミュニケーション > ホワイトプリズンV 湿潤なる蜜林に碧の蝶は舞う

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2008年08月28日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数236
ジャンル

作品内容

ロレーナを離れて、舞台は遥か南へ——。

白い王国の女王、民を教化する聖教の頂点にありながら、黒い怪異とともに消息を絶ったエマ。彼女を追って海を渡るフィオたちは、怪鳥を操る謎の女たちにいざなわれ、未知の島ガルバへと辿り着く。そこで彼らを待ち受けていたのは、神殿の厳しい戒律の桎梏から解き放たれ、奔放に快楽を貪り合う性の奴隷たちだった。

楽園の住人から手厚い肉の歓待を受ける巨乳の貴婦人ポーラ、麗女マレーネ、ロリっ娘リディアの三人。しかし、秘密の森に分け入った彼女たちに、かつての聖王国の重臣シルビアとニーナによって苛酷な陵辱に見舞われる。強制放尿、虫たちによる母乳舐啜、果ては女芯を揺さぶる蛇の淫ら責め……。妖しい蝶が乱れ飛ぶ樹海で、女たちは極彩色の官能に痴れ狂う。"

作品情報/動作環境

作品番号
BJ001796
ファイル名/ファイル容量
BJ001796.zip / 5.28MB (5533599Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「ホワイトプリズンV 湿潤なる蜜林に碧の蝶は舞う」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件