電子書籍 > キリブックス > 新人看護婦恥辱の肉体検診

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2008年09月12日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数163
ジャンル

作品内容

働き初めて間もない新人看護婦は、初夜勤で入院している老人患者のセクハラにあってしまった。
介護の最中に白衣のスカートをたくし上げられ、パンストの上から恥丘を指でコリコリと弄くられてしまう。
「あぁん! ダメですよ」それとなしに受け流そうとする看護婦。
しかし口にはガムテープをされ、手足まで拘束されて、身動きをとれなくされてしまった。
まだ誰にも触らせた事もない盛り上がった乳房を揉みしだかれ、乳首を舐めまわされる看護婦。
必至に抵抗するも、ついにはパンストを破かれて、パンティの横から古めかしいペニスを膣の奥まで挿入されてしまう。
ズボスボと繰り返されるピストンに抵抗出来ず射精されそうになったその時、老人患者はそのまま逝ってしまう。
新人でありながら患者を腹上死させてしまった看護婦の事件は、もみ消されるかに思えたが、
目撃者の証言からそのまま院内の患者の間で広まり、新人看護婦は院内患者に弱みを漬け込まれ、
肉体奉仕をさせられる日々を送らざるをえなくなってしまう。
老人患者達の恥辱のセックス責め、老人遺族の若者による凌辱的で破廉恥なセックス、
そしてついには病院の医者達にまで激しいセックスをさせられる新人看護婦。
果たしてこの肉奉仕地獄から解放される日はあるのだろうか……。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ001791
ファイル名/ファイル容量
BJ001791.zip / 44.13MB (46273612Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「新人看護婦恥辱の肉体検診」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

登場する男性が、いずれもテクニシャンな一冊。

2017年02月15日   投稿数 : 2位

このレビューは参考になった×0人

※ネタバレ※ このレビューには作品の内容に関する記述が含まれています。 レビューを表示する

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]