({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2008年08月23日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数163
ジャンル
ファイル容量
45.61MB

作品内容

その日、朝の電車で優等生と一緒になった。

早めの電車だったが、車内はかなり混雑していた。
彼女はかわいい尻を揺らしながら、ボソボソと会話していたが、俺はその肉尻に悪戯をしてやった。
恥ずかしかったのか、気が動転したのか、抵抗する事なく俺の餌食になった。
電車の揺れに合わせて、ブラを剥ぎ取り、プルプルの乳をなぶり回した。

「んっ、あっ、ねぇ……だめ……」

彼女は堪えながら俺に哀願してきたが、俺はパンティーを引きずり下ろし、
恥丘をなぞりながらクリトリスを剥き出す。
指先で剥いたクリトリスを弄くると「んうっ」と彼女は敏感に反応する。
湿ってきた花びらを少しずつ開き、指を押し入れようとすると行き止まった。

さすがは優等生、彼女はまだ処女だったのである。
俺はとりあえず指の挿入は勘弁してやり、後の楽しみにとって置くことにした……『女学生 魔悦の教科書 第一話』

牝奴隷の様に調教されてゆく女学生の痴態と淫辱の日々。
女のアクメに達する快感を生々しい姿で凌辱系人気作家・スノーベリが過激に描く肉厚たっぷりなエロい一冊!!

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「女学生魔悦の教科書」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件