({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2008年08月10日
シリーズ名ホワイトプリズン
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数236
ジャンル
ファイル容量
3.55MB

作品内容

義父の束縛から逃れたフィオたちは、好むと好まざるとにかかわらず、神殿の先兵として働かされることになった。

神官戦士のヴァネッサに率いられた彼らは、エマ女王と失踪した神官アレックスを捜索する任務を与えられ、頻発する誘拐事件の捜査に狩り出される。しかし、旅立ったヴァネッサたちは、股間を弄ぶ卑猥なトロッコや淫核に吸いつくヒルなどの数々の障害によって苦しめられるのだった。

その一方で、捕らわれたアレックスは謎の男によって体中を極限状態にまでまさぐられていた。やがてヴァネッサとアレックスが出会ったそのとき、淫猥な魔力と想像を絶する苦悶がぶつかり合い、二人は休む間も与えられないまま、激しく責め立てられていく。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「ホワイトプリズンIV 清き星月は肉人形の宴に沈む」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

凌辱大河ドラマ小説の第二章

2012年04月07日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

ファンタジー官能小説の第四弾です。

今作から挿絵も変わり、女体がより肉感的に表現されるようになりました。
どちらが良いかは好き好きかと思いますが、新キャラも旧キャラも違和感なく楽しめました。

今作の新キャラは神官戦士のヴァネッサさん。
捕虜扱いのフィオ達を引き連れ捜索任務に向かいます。
居丈高な態度をとって、読者とフィオ達の反感を買っていたヴァネッサさんですが、ホワイトプリズン世界は平等で、
女の子ならばだれでも羞恥の罠を仕掛けます。

女性のシンボルを擦りつけることでのみ動くトロッコに乗らねばならず、早速秘所を露わにすることになってしまいます。
蔑んでいた人に裸を見られる悔しさは、相手が同性であろうと異性であろうと変わる事はありません。
これまでのヒロインたちとは違う性器描写も楽しめます。

仕方なしに、自分から恥ずかしい事をしなくてはならない少女——そんなシーンを見たい方におすすめです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]