({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
{{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
著者 橘真児(作) / 榊MAKI(画)
出版社名 フランス書院フォローする
レーベル 美少女文庫
販売日 2008年07月08日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数280
ジャンル
ファイル容量
8.61MB

作品内容

従姉の響子センセイ、幼なじみの智沙。
××をイジメられるのは気持ちイイけど、やっぱり、僕は彩姫お姉ちゃんが大好き。

演劇のヒロインを引き受けたのも、エッチなオモチャにされるのも、ホントはお姉ちゃんのためなんだよ。
だからお願い、どんどん変になっちゃう僕をお姉ちゃんの身体で男に戻して……

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「お姉ちゃんとあそぼ(ハート)」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

女装の羞恥プレイと、近親相姦の禁忌・背徳感がイイ

2009年07月27日   投稿数 : 9位

このレビューは参考になった×1人

テーマは2つにしぼれると思います。ひとつは、女の子と見間違うほどの美少年の「女装による羞恥プレイ」、もうひとつは「実の姉×弟の近親相姦の禁忌・背徳感」です。

 前者においては、演劇部員の代役ということで女装するはめになった主人公を、顧問の先生(かつ、従姉妹でもある)響子や幼馴染がいじめる屈辱と快楽の同時進行。女装のまま手コキされたり、女装のまま町を歩かされて緊張と興奮状態さらされたあとにSEXしたり。

 後者においては、姉が「実の弟を好きになるわけにはいかない。実の弟とSEXするわけにはいかない」と弟を溺愛しつつ、近親相姦の壁を越えられないでいる点の描写が丁寧です。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]