電子書籍 > フランス書院 > まじかる☆ わたしの魔法使い

         
({{ product.rate_count }})
{{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
著者 黄支亮(作) / 葵羽鳥(画)
出版社名 フランス書院フォローする
レーベル 美少女文庫
販売日 2008年06月30日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数266
ジャンル
  • この作品には「旧プロテクト」がかけられています。 ご購入前に必ず [ 旧プロテクトについて ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

「気持ちいい! クリも××も溶けちゃうよ」

意地っぱりなラクロス部主将佐知子が溺れる魔法の快楽。
チャイナドレス姿で触手に襲われる絶頂体験。
肥大化した陰核で、憧れのお姉さんを貫く百合の魔悦。
ついには、幼なじみの少年に処女を捧げることに……小さな魔法使いが巻き起こすトラブルH!

作品情報/動作環境

作品番号
BJ001494
ファイル名/ファイル容量
BJ001494.zip / 6.38MB (6688629Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「まじかる☆ わたしの魔法使い」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

【表紙】のイメージとは違い、ハードでマニアックな展開w

2010年06月15日   投稿数 : 8位

このレビューは参考になった×0人

【表紙】を見て、「魔法少女と女子校生の、ライトな物語とSEXを描いているんだろうな」と予想していたのですが……予想外のハードな展開、マニアックな展開の連続でしたw
 メインヒロインは佐知子ですが、魔法少女・飛天が、登場シーンから家を半壊させてしまったため、第一印象が悪く、まったく打ち解けません。魔法少女であるという主張なども信じず、さらに(魔法少女である点については半信半疑でも)とりあえず我が家で保護しようとする母親・葉子や親戚の同居人・かなみの態度も面白くないと思っています。

 飛天の術の失敗で誕生した『蟲』が、母親・葉子の体の自由を奪い、膣内にもぐりこんでしまいます。快楽漬けになり、理性で体を制御できない葉子は、佐知子の友人である正岡真を誘ってSEXしてしまいます。真の眼前で乳房を揉み、マ○コを愛撫して、M字開脚で誘う。半分くらいは意識が残っていて「真くん、それはダメよ」などと抵抗するのですが、肉体のほうは男を誘って動きます。そしてどっぷり膣内射精。

 葉子の膣穴に潜りこんだ『蟲』を退治するために、佐知子のクリ○リスを巨大化させて佐知子×葉子の、母娘SEX。巨大クリ○リスが葉子の膣内の『蟲』を消滅させてめでたく終わるはずでしたが、【快楽の虜】になった佐知子は、「もっと犯したい」と願い、クリ○リスは数メートルの触手型チ○ポに変化。さらに『4本に枝分かれ』して、かなみと葉子を強姦(イラストもあり)。4本に分かれたチ○ポにより、2人の膣穴&尻穴への2本挿しを楽しみます。

 物語の終盤になって、???と???のSEXシーンがあるという、予想外の展開でしたw

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]