電子書籍 > キルタイムコミュニケーション > 武闘巫女伝サツキ

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2008年06月24日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数249
ジャンル

作品内容

少女を襲う少年の口から伸びる無数の舌……。
古来より男の体内に存在する「因子」は性欲と反応し、身体を怪物化させる。

そして、歴史の影でその異形と戦い続けてきた女性たち。
それが戦巫女——藤原沙津姫の使命である。
生徒の怪物化が頻発する学園に派遣された彼女は、
襲いかかる怪物に対し容赦なく力を振るう。

だが、その冷たさは、先行していた戦巫女、神楽との間に確執を生むのだった。
そして、二人の間隙を突く襲撃により、 少女たちは肉欲の海に沈められてしまう。
白濁に染まる神楽の目の前で、屈辱的な破瓜を迎える沙津姫。
瑞々しい肢体を責める触手の群れに戦巫女は歯を食い締める。
だが、肉欲に絡みつかれた理性には、亀裂が走ろうとしていた……。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ001488
ファイル名/ファイル容量
BJ001488.zip / 4.04MB (4236143Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「武闘巫女伝サツキ」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 3件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

制服(2) ふたなり(2) 学校/学園(2) 伝奇(2)

生意気な強気少女が触手に負けて屈辱の処女喪失

2011年12月19日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

女子生徒を狙う怪物を倒すため学校にあらわれた、現代の退魔巫女が敗北し、犯されてしまう二次元ドリームノベルスです。

メインヒロインのほかにも犠牲になる女の子がおり、
メインヒロインを庇って怪物の前でストリップをするシーンが興奮しました。
未成熟な体で泣きそうになりながら一枚ずつ服を脱ぐ所や、
百合気味な志向を持っていたのに処女が呆気なく散る所はとてもよかったです。

物語中でも彼女の破瓜は重要な意味を持ち、メインヒロインが先走ったり先輩巫女がやられる伏線になったりします。
敵は元人間で、欲望を増大させられてしまった男たちです。
ただ倒すだけで事件が解決しないという、やりきれなさのようなものを感じました。

男嫌いのメインヒロインが、悪い怪物のふたなりペニスで堕ちていく所は見所です。
現代退魔ものが好きな方にお勧めです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

アフターレイプ

2010年01月14日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

悲しくも、必然のお知らせ。

ヒロイン達は、処女を犯され嘆き苦しみます。
人に償え切れない罪というのは多いものです。
この作品は、アマテラスのように影を照らし。
犯罪に嘆くすべてのものに、視線を向けています。

大きく書きましたが、単純ではないということだけ、
それがこの物語の持つよいところなのです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

悪くはない

2008年08月22日  

このレビューは参考になった×0人

男が歪んだ性欲から怪物化する世界、沙津姫は先に潜入していた神楽と協力して怪異を追う。
おすすめマークは付けられないが大ハズレしない作品だと思う。巨乳の先輩巫女神楽と、処女巫女沙津姫の陵辱がメイン。
巫女と書いてるけど巫女服はありません。制服とブルマです。
最後の展開は強引な力業かな。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]