({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2008年05月30日
シリーズ名ホワイトプリズン
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数256
ジャンル
ファイル容量
3.88MB

作品内容

魔術が栄える白亜の聖王国ロレーナ。

長年平穏を保っていた王国に、女王エマが黒き竜にさらわれるという事件がおきた。女王救出のために、ロレーナ王国では討伐部隊を派遣するものの、そのたびに返り討ちにあってしまう。

誰もが諦めかけたその時に、騎士団長のニーナ、神官長のサラ、魔法学校の校長シルビアの三人が勇敢にも女王救出に出向いた。しかし、その先には淫猥な罠が張り巡らされているのであった。

放尿しなくては開かない扉、媚薬が塗られた細い一本橋、愛液に反応するうなぎ地獄……エマ女王が竜に陵辱され、三人の美女達は卑猥な罠に蹂躙されていく。彼女達の運命はいかに?

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「ホワイトプリズン 聖女王は深い闇の淵に微睡む」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

二次ドリ黎明期を支えたシリーズもの第一巻

2011年12月24日  

このレビューは参考になった×1人

邪悪竜にさらわれた女王を救うために、騎士と神官と魔法使いが冒険に出る、正統派ファンタジー小説です。

一貫して「戦うヒロインがやられちゃう」というコンセプトを貫いてきた二次元ドリームノベルスの代表とも言える作品です。
世界観、属性、プレイ内容、多種多様なシチュエーションで、読者の嗜好に合致する作品をいくつも出していく。
今の二次元ドリームノベルスがあるのもこの作品のおかげと言えるかも知れません。

囚われの女王を助けるためにダンジョンを攻略する三人ですが、立ちはだかるエロトラップは一筋縄ではいきません。
強力な結界に服を破かれ全裸となり、格式ばった文言を読み説けばおしっこを杯に湛えさせられ、媚薬の張り巡らされ、微妙な突起がそこかしこについたロープを渡らされ——
その後に待ちうけるものに為すすべなく犯されてしまうヒロインたち。犯されて、それだけで終わりではありません。
しっかりたっぷりと官能を描きつつ、物語に深みを持たせ続きを楽しませる。
官能小説としても、一流のエンタテイメントとしても仕上がっている今作を、まだ読んでいない方は是非。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]