({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2008年05月30日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数254
ジャンル
ファイル容量
4.01MB

作品内容

故郷を滅ぼした妖術師の父を追う乙女——水輝。
巫女装束に身を包む陰陽術の使い手は、妹のくノ一、茜とともに、悪しき術師を狩ることを生業としていた。

今宵も外道を討つ二人。
だが、彼女たちは淫術を使う妖姫、夜巳に見初められてしまう。
手始めに茜の肉体に食指を伸ばす夜巳。
若いくノ一は淫術により屈辱の破瓜を味わわされ、冷酷な美貌は、初めての性感に次第に蕩かされていく。
一方、妹を人質にした夜巳への屈従を強いられた水輝は、紅袴を切り裂かれ、腸内に液体式神を寄生させられることに。

そして悶える姉の菊皺は、茜の肥大化させられた陰核を疼かせ、水輝は式神とくノ一の肛虐に理性を削がれていくのだった……。
やがて淫汁をしたたらせる巫女。彼女は獣と化した男たちの餌食となる。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「式神戦巫女水輝 呪淫の生贄」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

強さの判定基準?

2011年04月25日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

すごいですね〜。
陰陽術とか、殺人術とか。

基本は殺伐とした背景ながら、
どうしてこんなに苦しくない
書き口が取れるのか?

いろんな意味で、清らかなキャラのいない作品です。
カッコ良さと、勘のよさ。

女性同士の甚振り合いが好きな人はどうぞ。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]