電子書籍 > キルタイムコミュニケーション > 女囚騎士セリシア

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

親衛隊の分隊長を務める、屈強な女騎士セリシア。
彼女は高潔な人柄であるがゆえに上役の不興を買ってしまい陥れられ、
荒くれ者ばかりが集められた監獄へと左遷される。

いったんは囚人たちを抑えつけたセリシアだったが、
敵の女魔術師によって若返りの魔法をかけられ、
無力な少女へと姿を変えられてしまう。

ここぞとばかりに淫欲をみなぎらせ、
セリシアへと襲いかかってくる男たち。
処女喪失、卑猥な衣装を着せられてのM字開脚拘束、
女体を狂わせる張り型つきの御輿による嬲り責め……

大人の身体を取り戻したのちも、
恥辱の肉汁を浴びせられていくセリシア。

襲い来るおびただしい淫悦の数々に、
女騎士の気丈な意志が突き崩されていく——。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ001428
ファイル名/ファイル容量
BJ001428.zip / 3.63MB (3808176Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「女囚騎士セリシア」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

レイプ(2) 強制/無理矢理(2)

おすすめ!エロシーンは少なめだが…

2012年05月02日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

キルタイムコミュニケーションの作品の中ではエロシーンは
少なめだと思いますが、陵辱系、シリーズものでは最高傑作の一つだと思います。設定も良く、 すぐに読み切ってしまい、続編もすぐに購入しました。これでエロシーンも多ければ、文句はまったくないです!!

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!前途に明るい希望を持ってもすぐに砕かれ、弄ばれる

2010年06月28日   投稿数 : 8位

このレビューは参考になった×1人

親衛隊長ガルチクから「わしの妾になれ」という下卑た要求を突き付けられ、一蹴した報復に、無実の罪で『辺獄砦』に送られるセリシア。『辺獄砦』は、監獄のはずですが、実際に足を踏み入れてみると、繁華街の様相を呈していて、売春宿まであります。
 この辺獄砦の『繁栄』は、囚人たちに適度に【息抜き・ガス抜き】させたほうが、砦の支配者側としても都合がよいという理由と、砦でのみ採取できる特殊な花の煮汁が、豪商や貴族たちが争って買い求める薬の材料になっているという理由によります。

 辺獄砦に囚人として送られたという『逆境』を跳ね返そうとするセリシア。まずは砦の長として君臨していたゾーゲムを打ち負かし、砦の囚人たちに過酷な扱いを受けていた娼婦たちを解放して(売春宿の主であるヤッギドを何度もぶちのめすw)、辺獄砦の新しい長になります。そこで機会をうかがって身の潔白を証明し、王都に帰るはずが……セリシアの『活躍』を聞きつけたガルチクにより、先手を打たれてしまいますw
 ガルチクの手先・ヴァーラの魔術で【10年前の姿】に若返らされてしまったセリシア。筋力・腕力も失い、新人の娼婦として砦の者たちに紹介され、ゾーゲムに背面座位で抱き寄せられてしまいます(イラストあり)。
「わたしはセリシアだっ!!」と叫んで、自分の正体を明かしますがまったくの逆効果で、ゾーゲムは大喜びでセリシアの肉体を弄び、対面座位で挿入、処女喪失(イラストあり)。

 その後は、他に囚人たちにも弄ばれます。M字開脚させられ、バイブつきの神輿に乗せて突き上げられ(イラストあり)…変わったシチュとして、両乳首&クリ○リスに糸をつけられるプレイあり(イラストあり)。糸の先端は3匹の子犬の首輪に結ばれており、勝手に動き回る子犬のせいで、乳首とクリ○リスが不規則に責め抜かれますw

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]